昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

アニメ

『聖闘士星矢』アスガルド編 その2

アスガルド編では星矢たちはヒルダが操られているだけとわかっているので神闘士を説得しようとします。 しかし神闘士側はヒルダへの忠誠や愛、悲しい過去などを背負っているため話を聞いてくれません。 そのため切ない結末を迎えるエピソードが多かったので…

『機動戦士ガンダムZZ』その1

『機動戦士ガンダムZZ』(86~)はZガンダムの続編。 仲間たちとジャンク屋で生活費を稼ぐ少年、ジュドー・アーシタが新たな主人公となり、 ハマーン・カーン率いるアクシズ(ネオジオン)との戦いに巻き込まれていきます。 「アニメじゃない♪」で始ま…

『超獣機神ダンクーガ』式部雅人

本日8月10日は式部雅人(しきぶ まさと)の誕生日です。めでたい!! というわけで記念に語ります。 (WIKIの12月31日説はどこ出典だろう?学研や秋田書店から当時出ていたムック本は8月10日だったのに) 性格的に獅子座B型がピッタリじゃないか…

聖闘士星矢 アスガルド編 その1

アスガルド編は、北欧神話をモチーフにした敵キャラ・神闘士(ゴッドウォーリアー)と戦うアニメ版のオリジナルストーリーです。 北欧編とも言います。74~99話まで。 原作に追いついてしまったため、12宮編とポセイドン編の間に挟まれました。 ここか…

『輪(まわ)るピングドラム』

『輪るピングドラム』(11~)はウテナやユリ熊嵐の幾原監督作品。病弱な妹・高倉陽毬(たかくら ひまり)を救うため兄の晶馬と冠葉が運命を書き換えることができる「ピングドラム」を探す不思議なアニメです。 度肝を抜く華麗にしてシュールな演出、クセ…

『ユーリ!!! ON ICE』

『ユーリ!!! ON ICE』(16~)は伸び悩むフィギュアスケート選手・勝生勇利(かつきゆうり)が、ふとしたきっかけからロシアの金メダリスト、ヴィクトルに師事することになり、ライバルのユーリと競い合いながら成長していく物語です。 19年には劇場版『…

『超獣機神ダンクーガ』その3 結城沙羅

7月7日は『ダンクーガ』ヒロイン、結城沙羅(ゆうき さら)の誕生日です。おめでとう! 記念に久々にダンクーガ話を。 80年代半ば、リアルでは女性の太眉メイクが流行ってましたが、アニメで太眉のヒロインは彼女くらいでは? (あとは『Papa Told Me』…

『さらざんまい』

『さらざんまい』(19~)はカッパにされた一稀・燕太・悠の三人の少年が人間に戻るために謎のカパゾンビと戦う歌って踊るホモアニメです。 (嘘は言ってない) 『ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』の幾原監督作品。つまり 考えるな感じろでお願い…

『ジャイアントロボ~地球が静止する日』

『ジャイアントロボ THE ANIMATION~地球が停止する日』(92~)は横山光輝原作『ジャイアントロボ』をベースに悪の組織BF団と国際警察の戦いを描いた全7話のOVA作品です。通称「Gロボ」 特撮作品の『ジャイアントロボ』(67~)もあります。 ど…

アイドル・アーティストが歌うアニソン その2

80年代にはOVA(オリジナルビデオアニメ)も登場し、アニソンの量も増えました。 『吸血鬼ハンターD』(85年)原作は菊池秀行の小説。TM NETWORK「YOUR SONG(“D”MIX)」は名曲です。 これを皮切りに 劇場版『機動戦士ν(ニュー)ガンダム 逆襲のシ…

アイドル・アーティストが歌うアニソン その1

たまには作品でなく歌の話を。 60~70年代はアニソンはアニメのためだけに作られたものという印象です。 タイトルやキャラ名、必殺技などが歌詞に入っておりアニメを観たことがなくても主題歌を聴けば内容はだいたい分かりました。 劇場版の主題歌は有名…

『元気爆発ガンバルガー』

『元気爆発ガンバルガー』(92~)は小学四年生の虎太郎・力哉・鷹介の三人の「ミラクル忍者・ガンバーチーム」が、 封印された大魔王ゴクアークの復活を目論む魔導士ヤミノリウス三世と、彼が召喚する魔界獣と戦うコメディタッチなロボットアニメ。 エル…

『スクライド』その1

『スクライド』(01~)は謎の隆起現象により日本から離脱、島となった元は関東の一部「ロストグラウンド」を舞台に、主人公カズマをはじめとする特殊能力者「アルター使い」同士の戦いを描く熱いアクションアニメです。 11年に編集を加えた劇場版『スク…

『太陽の勇者 ファイバード』

『太陽の勇者 ファイバード』(91~)はポンコツ寄りの天才科学者・天野博士が世界平和のために作ったロボットたちに宇宙からやって来たエネルギー生命体が宿り 地球侵略を企む悪のエネルギー体、ドライアス一味と戦うロボットアニメです。 勇者シリーズ第…

タイムボカンシリーズその6

『タイムボカンシリーズ ヤットデタマン』(81~)はタイムボカンシリーズ第5作目。時を超える幻の鳥「ジュジャク」を追って主人公側と悪役側が火花を散らすアクションギャグアニメです。 第一話で主人公のワタルとコヨミのもとに、二人の遠い子孫を名乗…

『東映まんがまつり』の思い出 その2

89年『東映まんがまつり』(春) ・『おそ松くん』・『ひみつのアッコちゃん』・『高速戦隊ターボレンジャー』 そして『聖闘士星矢 最終聖戦の戦士たち』 『星矢』の敵でキリスト教関連が出たのはこれが初です。 序盤からいきなり倒されるムウ・アルデバラ…

『蒼き流星SPTレイズナー』その4

地球の支配者として君臨するグレスコ提督の息子、ル・カインが27話でグラドスからやって来ます。 故・塩沢兼人さん演じるライバルキャラなのにキザでもナルシストでも変人でもないのは珍しい。 グラドス至上主義のル・カインはその若さと傲慢にまかせ、父…

『聖闘士星矢 真紅の少年伝説』

『真紅の少年伝説』(88~)は聖闘士星矢劇場版三作目。 いつもより長いとはいえフォーマットは同じなんですが、見所は結構あります。何より荒木・姫野絵の美しさよ……!! あらすじはアテナの兄・アベルが復活。人類を滅ぼして共に地上を治めようと持ちか…

『蒼穹のファフナー』その2

そろそろ新作の劇場版が公開されますので入門編にキャラ紹介などを。 とにかく情報量が多い上に、次々にキャラが立場や生死含め入れ替わるので メインどころは 一騎、総士、真矢の3人のパイロット、 大人側は一騎父の真壁司令、ムードメーカーであり頼れる…

『桃太郎伝説 PEACHIBOY LEGEND』

『桃太郎伝説』(89~)は同名のゲームを原作とするアニメです。 おとぎ話の日本を舞台に、三頭身の桃太郎、金太郎、浦島太郎、竜神太郎が鬼を退治するコメディタッチなアクションアニメ。 ※続編『PEACHI COMMAND 新桃太郎伝説』は全然違う話です。 『聖闘…

『しろくまカフェ』

『しろくまカフェ』(12~)はヒガアロハ原作。文字通り白熊が経営するカフェを舞台に、動物と人間たちが繰り広げるコメディタッチなほのぼのアニメです。 アニメ中心で語ります。原作とは設定が異なる部分が多いのでご注意ください。 メインのキャラはし…

タイムボカンシリーズ その5

『タイムパトロール隊 オタスケマン』(80~)は歴史を自分の都合よく書き換えようとする謎の人物トンマノマントとその部下「オジャママン」と それを阻む「オタスケマン」との戦いを描くアクションアニメです。 オタスケマン(=ヒカルとナナの二人組)オ…

『東映まんがまつり』の思い出 その1

ググると第一回は64年(昭和39年)この時は「まんが大行進」 毎年続いてたわけではないですが、アラフォーなら劇場でキャプテン翼、キン肉マン、聖闘士星矢、ドラゴンボールのどれかを観た覚えがあるのでは? 90年(平成2年)に『東映アニメフェア』…

『おそ松さん』その2

おそ松さんのヒット理由は、繰り返しますが6つ子の個性とその関係性にあります。 長男おそ松は一切ブレない陽気なバカ。 次男カラ松はナルシストでお人好し。 三男チョロ松は自称常識人のドルオタ。 四男一松は厨二病をこじらせた毒舌家、猫だけが友達。 五…

『おそ松さん』その1

『おそ松さん』(15~)は赤塚不二夫の人気マンガ『おそ松くん』(62~)を元にしたギャグアニメです。 16年、18年には実写舞台化、17年には二期も作られました。 劇場版公開記念に語ります。 88年に作られたアニメ版『おそ松くん』も含め、原作…

『獣神ライガー』

『獣神ライガー』(89~)は善神アーガマの血を引く少年、大牙剣が巨大バイオアーマー・ライガーに搭乗し、 現代に蘇った邪神ドラゴの末裔・女帝ザーラ率いるドラゴ帝国に立ち向かう永井豪原作のアニメです。 同名でタイアップしたプロレスラーさんが引退…

『蒼き流星SPTレイズナー』その3

26話からの『レイズナー』第二部またの名を 『北斗のレイズナー』 大人の事情(婉曲表現)により作風が激変し、当時人気だった『北斗の拳』っぽくなりました。 第一部から三年後という設定で地球はグラドスによって制圧されてしまいエイジは行方不明。 都…

タイムボカンシリーズ その4

『ゼンダマン』(79~)は不老長寿の薬「命のもと」を巡って、世のため人のため使おうとするゼンダマンと 自分たちが独り占めしようとするアクダマンとの対決を描きます。 タイムトンネルを通過し、過去から未来へと渡る『タイムボカン』に近い設定、 『ヤ…

『ユリ熊嵐』

『ユリ熊嵐』(15~)は『少女革命ウテナ』の幾原監督のオリジナルアニメでクマがヒトに化けて、人間の少女との恋を貫く摩訶不思議な学園百合ファンタジーです。 このアニメを観る前に一言アドバイスすると「考えるな感じろ」 「ユリ裁判」だの「排除の儀…

タイムボカンシリーズ その3 昭和を感じる小ネタ

タイムボカンシリーズはギャグアニメということもあり当時の流行・世相がよく取り入れられました。 『ヤッターマン』後期ED『ドロンボーのシラーケッ』 当時、『シラケ鳥飛んでゆく南の空へ~みじめみじめ♪」と「シラケ」(=白ける)という言葉が流行った時…