昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

羽海野チカ『ハチミツとクローバー』

ハチミツとクローバー(00~)は
美大を舞台に主人公・竹本祐太を
中心とした群像劇作品です。

05年にはアニメ化し、その後実写ドラマや
実写劇場版も作られました。

序盤は竹本くんとヒロイン・はぐちゃんとの
出会いと片思い、

同じ学生寮に暮らす先輩・真山や
ヒロインの一人山田あゆみこと、あゆの
恋模様(全員片思い)などが描かれますが、

学年が上がるにつれ、就活の悩みや
先に就職した真山の仕事場での話も
出てきます。

個人的に思うのですが羽海野チカ作品は

「ものすごく可愛いマグカップ
甘いクリームやお菓子で飾り付けられた
中身は上質で苦いコーヒーフラペチーノ」
だと思っています。

美大に行けるほど手先が器用でも
人間関係不器用な竹本くんが
就職や将来に悩み、

あゆの真山への片思いの苦しみ
(真山にとってあゆは大事な友達なので
世話を焼くし、皆で旅行もする)

普段はとぼけたキャラの
森田さんの家庭の事情。

利き手に重症を負ったはぐちゃんの苦悩。

その辺のシリアス部分だけ抜き出したら
強烈に心を抉る、苦い(そして極上の)
味ですが

はぐちゃんとあゆの謎料理や
森田さんのお花見ワンマンショー、
皆でクリスマスや誕生日や旅行など

コミカルで楽しい、ほのぼのパートで
バランスを取っている感じです。

個人的にケガしたはぐちゃんについていたあゆが
彼女の創作にかける覚悟を目のあたりにして

「私とは世界が違うんだ……って」
野宮さんにこぼした場面。

「そうだね。(略)まんまと彼女は
一人ぼっちってわけだ」

「山田さん 君は残りなさい。
残んなきゃダメだ」

「友達なんだろう?」

の流れはいつ見ても涙腺を直撃します。

その後、それを見ていた美和子さん&
山崎さんが涙目でサムズアップからの

「あたしとあんたは一生友達だから!」と
山崎さんの淡い恋愛フラグを全力で
破壊するオチで泣き笑いする。

更にあゆがはぐちゃんのためにお父さんの
ダウンを改造した肩掛けを作ってきて、

背中についた羽が天使のよう、で
また涙が……。

 

ハチミツとクローバー COMPLETE BEST (期間生産限定盤)(DVD付)

ハチミツとクローバー COMPLETE BEST (期間生産限定盤)(DVD付)

 

 

車田正美『B'T X』その2

『B'T X』はキャラ造形も今までの
車田作品とは違っています。

鋼太郎兄ちゃんは戦力能力こそないものの、
その頭脳で世界を救いました。

敵側の最高幹部であるミーシャの怒りを買って
アンダーヘル(=暗い地下牢獄)
に落とされてもなお

化け物B'Tラファエルを倒すための計算を
延々やってる素晴らしいド根性の持ち主。

兄の身を案じて攻撃できない鉄兵に対して

「わたしは自分を犠牲にするほど聖人君子ではない!」
と言い切ったり、

機械皇帝との問答で、その程度なら自分は7歳の時に
わかってたとか、

顔こそ自己犠牲的なアンドロメダ瞬を思わせつつも
性格はまるで違うというギャップがまたいい。

 

他にも男同士のキスシーンという衝撃的な絵面を
見せた(当時ブレイク中の)IZAMがモデルのサファイヤ。

普通、仮面の男でピエロモチーフなら素顔は美形じゃね?
と思われながらも予想を覆したジャグラー

散々ひどいことしてきたのに、なんだかんだ
最期は泣けました……。

個人的に敵側の軍人、メタルフェイスの
鉄兵の師匠格・華蓮へのツンデレっぷりが
大好きです。

本人がものすごく誇っている半分機械の体は、
華蓮のせいで半身を失った結果なのに

お見舞いに来た華蓮に
「どうだ!!念願の機械の体を手に入れたぞ!!」
(意訳)と自慢してみせて彼女の罪悪感を減らそうとし、

華蓮が命と引き換えに手に入れようとした
ラファエロを倒す切り札を

「それを手に入れるのはオレだーーー!!」(意訳)
と突っ込んで行くという……。

デレる時は常に命がけな奴こそ、
究極のツンデレと称えたい……!!

キャラ造形は違うと言いましたが、
報われない愛とわかっていても相手のために
命を懸ける車田イズムは健在です。

もっと評価されてもいい名作だと思っています。

 

ところで聖闘士星矢をリアルタイムで
読んでいた人なら、作者が一時期
酒井法子にハマってたのはご存じですよね?

アラミス少佐が男装の麗人なのはアニメ三銃士
影響かもとひそかに思っている……。

 

 

車田正美『B'T X』その1

『B'T  X』(94~)は主人公・高宮鉄兵が相棒の
B'T(=ロボット)Xと共に、天才的な頭脳を持つ
兄の鋼太郎を連れ去った機械帝国に立ち向かう
近未来バトルものです。

※「ビート エックス」と読みます。

正確にはロボットとは違いますが、説明が
長くなるのでメカの一種だと思ってください。

96年にはアニメ化もされました。


少年エースで連載されていた影響か、
アニメ的な設定を多分に含んだ
従来の車田マンガとは毛色の違う作品です。

どう違うかってまず、Xは麒麟がモチーフ。

この当時の車田作品はリンかけ2といい、
麒麟推しでしたね。

更にキャラの服装がスタイリッシュ。

普段は白い丸首シャツに白いズボン+聖衣とか
ボロボロの包帯+学ランが車田ファッションですよ?

しかしバンダナに指ぬきグローブ、ブーツに
デニムのベストって今の感覚だと
「一昔前のオタクファッション」なのが
時の流れの残酷さを感じます。

また、B'Tは一体ごとに性格が異なるため
相棒(バディ)ものの要素もありました。

聖衣や聖剣、カイザーナックルだって
自己主張したり勝手に動くことはありましたが
基本は「アイテム」です。

登録した人間(ドナー)の血液で動く、という
文字通り血を分けた間柄の機械の相棒とか
唯一無二の設定です。

そのため北斗が白血病を発症しながらも、B'Tマックス
との絆を壊したくないと治療を怠ったりもしています。

戦い方も他の車田漫画の拳で必殺技を繰り出す
パターンでなく、
固有の武器やB'Tの性能で戦う展開でした。

B'Tジュテームの音波+ドナーである鳳(フォウ)の
バイオリンのコラボ攻撃とかすごすぎる……。

あと環境問題や遺伝子工学とかが物語に組み込まれ
てるのは90年代らしさでもありますが

不遇な結果に終わった『SILENT KNIGHT翔』
設定が活かされているのかもしれません。

また、キャラ造形も普段の車田作品とは
変わらない部分もあれば大きく違う部分もあります。

その辺は次回に続きます。

 

川原泉『笑う大天使(ミカエル)』

笑う大天使(ミカエル)』(87~)は日本の
お嬢様学校・聖ミカエル学園を舞台に、史緒、柚子、
和音の猫かぶり三人娘の交流と活躍を描いたお話です。

基本的に川原作品の主人公たちは分析力に長けた
ツッコミ気質の冷静な性格のキャラが多く、
傍からはちょっと変わってると思われているタイプです。

その「変わった」キャラたちの周辺を天然ものの
純粋無垢なお嬢様方で固めたカルチャーギャップこそ

後に(06年)実写映画化するほど愛される所以では
ないでしょうか。

簡単にあらすじと設定を説明すると、

まず司城史緒(しじょう ふみお)が転入してきた
ところから話は始まります。

史緒は母子家庭で、母が亡くなった直後
生き別れの兄が登場し、同居をはじめますが
突然のお嬢様生活になじめません。

斉木和音(さいき かずね)は一代で財を成した父と
華族の母を持っていますが、両親は仕事に趣味にと
忙しく、養育係の俊介に育てられたようなものです。

更科柚子(さらしな ゆずこ)の実家は大衆食堂から
一大レストラングループにまで成長したものの、
家族揃ってちゃぶ台でご飯を食べる板についた庶民っぷり。

兄に遠慮して自宅ですら食欲のない史緒は
学校でアジの開きを焼いているところを二人に発見され、

3人とも猫被りの似た者同士とわかり、交流が始まります。

その後3人は源氏物語のレポートで徹底的に
光源氏をこきおろして
国語担当のロレンス先生が頭を抱えたり、

科学実験室の掃除中にフラスコの薬品を混ぜて
遊んでたら爆発し、何故か怪力になったりして

その怪力で「お嬢様連続誘拐事件」を
解決します。

川原作品の例に漏れずほのぼの、淡々としていて
そしてちょっととぼけた作風で、

泣かせる時はガチで泣かせにくるという……。

おハルさんとテディベアのルドルフ君の
お話は特に読んでほしいエピソードです。

川原さんは短編が多く、いずれ劣らぬ名作揃いですが
どれから読めば……?と悩んでる方は

この本から入るのをおススメします。

 

ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス)

ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス)

 

 

荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』その2

銀の匙の魅力の一つは強烈なキャラたち。

個人的に好きなのはぽっちゃり女子の
稲田多摩子ちゃん。(通称タマコ)

お金大好きで、金の絡む書類は企画書や金勘定含めて
頼れる味方。

ギャグでは冴えわたるツッコミを見せ、シリアスな
場面でも言いにくいことをあえて言ってくれます。

(高校を辞めた後に再会した仲間たちが
次々に励ましたり目標を聞かせたりして)

「ほんっとあつくるしーんだよ。
前はもっとドライだったろ」という駒場くんのセリフに

「さぁね。誰かさんのがうつったんじゃないの?」

からの八軒くん&背後の仲間たちのコマの流れは
じんと来ました。

この後駒場くんが投球練習を再開するのがまたいい!!

アキをライバル視する縦ロールお嬢様・
南九条あやめちゃんも可愛いキャラです。

おバカだけど華があり、出るだけで話が盛り上がります。

八軒が倒れた後、アキの頼みに馬出して協力して
くれるとか男前すぎる……!!

お正月に手が滑って、お賽銭箱に財布ごと
放り投げちゃった場面は声出して笑いました。

八軒兄の家庭教師でどこまで学力を上げられるかも
とても気になっています。

 チーズ好き女子吉野さんもいいキャラです。

フランスに短期留学しちゃうバイタリティ、
畑違いとの場所に来たと分かっても
ただでは起きないタフさが素晴らしい。

 

しかし何と入っても、やはり主人公は八軒くん。

良さげな正論や励ましを言うのは誰にでもできるけど
一緒に辛い場面に立ちあって傷ついてくれる彼こそ、

やはり作品の要である主人公に相応しいキャラだと
思います。

「……うん、俺副部長だし、副社長だし、
いまいち主役になりきれてないけど、それでいい」

いや主役なんで地味でも、人気投票5位でも
半年くらい出番なくても、

そこにいるだけで周りにいい影響を
与えられればいいんだよ!!
そうだろ星矢!!(ん?)

ところで、退職して猟師になった富士先生が
巻末四コマで実はお嬢様と知って驚いた……。

まだまだ語り足りないですが、今回はこの辺で。

荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』その1

銀の匙 Silver Spoon(11~)は

北海道の蝦夷農業高校(通称エゾノー)で
繰り広げられる非農家出身の主人公・
八軒勇吾と愉快な仲間たちの

「汗と涙と家畜の青春酪農グラフティ!!」です。
(注:キャッチコピー)

時にコミカルで時にシビアな
そしてごくたまに甘酸っぱい学園モノです。

13年にはアニメ化、14年には
実写映画になっています。

農家の子でもない八軒がエゾノーに入ったのは
進学校で受験ノイローゼになったため。

事情を知った校長先生のお言葉
「生きるための逃げは有りです」は

作者から読者に向けたメッセージとも
受け取れます。

ちなみにただ逃げるだけでなく
「逃げたことを卑下せずにプラスに変えてこそ、
逃げた甲斐がある」とも言っています。

基本的にはそれぞれにキャラの濃い仲間や
先生たちとワイワイ食べ物絡みやイベントで
盛り上がってるのは見ていて楽しいですが、

仲間の一人、野球少年の駒場くんの家が
廃業し、甲子園の夢も破れて退学する話は
本当につらい……。

しかしだからこそ、それを見たヒロインの御影アキ
隠してきた自分の夢を親に打ち明ける機会にも
なっています。

実家の農家を継がず、大学を目指すことになった
アキは八軒に勉強を見てもらうことになります。

その際、アキが歴史に興味を持つよう
好きな馬のエピソードから誘導したり
現代文の問題からまず見るようにアドバイスしたりと
これも学生の読者には参考になるかも。

大学受験の際の面接で、面接官の一人が
(動物好きなんじゃなくて)

「人間嫌いなんじゃないの?」と意地悪な質問をし、

「好きな人はいます!!!」って答えるアキが
めっちゃ可愛い。あまずっぺぇ……。

 

起業した八軒たちの会社はどうなるのか、
二人の恋の行方は?

八軒パパは融資を認めてくれるのか?

現在は休載中ですが、色々と気になるところです。

あとこれを読むと、飲食物を口にする際、
それを提供してくれる動物と農家の人々に
心から感謝したくなります。

続きを辛抱強くお待ちしております!!

 

 

『はれときどきぶた』

はれときどきぶた(97~)は同名の
人気絵本をアニメ化した作品ですが……

どうしてこうなった

としか言いようのない、シュールでブッ飛んだ
ギャグアニメになっています。

原因は監督:ワタナベシンイチ
シリーズ構成・脚本:浦沢義雄でお察しください。

原作では、小学三年生の主人公・畠山則安
(はたけやま のりやす)が日記に描いたブタ
はれぶた」が現実世界に現れ、

はれぶたが人の頭を吸うと、その人が考えていることが
具現化するという設定で、それはアニメでも変わりません。

しかし、キャラクターはオリキャラも交えて
強烈かつ濃厚に作られており

丸顔の主人公・則安くん(あだ名は十円安)だけは
「やれやれ」系のツッコミ役なので
比較的大人しいものの、

幼児とは思えぬ辛辣な発言をする妹・玉ちゃんや

「わーたしーは美しいー♪」と自分大好きな
則安くんのクラスの担任教師・和子先生、

個人的に大好きすぎて口癖の「無駄に」が
うつってしまった武蔵小金井くん、

解説兼ツッコミのお天気おねえさん、矢玉アナなど

原作を知らなくても「絶対コレ元の絵本と
違うやろ……」と断言できる奇人変人が
揃いも揃っていました。

おススメはミュージカル回。
はれぶた ミュージカル回」でググる
笑顔になれます。

本来はインストのBGMに歌詞をつけ、
各キャラクターが歌い踊るという
カオスを極めた回です。

一言でいうと「家庭訪問」なんですが
序盤からくるくる回りながら踊ってた和子先生が

いつの間にかアラビアンナイトの踊り子みたいな
扮装になって象に乗り、
似た格好の生徒たちを従えて畠山家を目指し

則安ママも、マリー・アントワネットも驚く勢いで
髪を盛りに盛り、ゴージャスなドレスを着て待ち受け

最終的に水着になって女子プロレスが始まります。
ここの松井菜桜子VS三石琴乃は最高です!

あと則安パパは和子先生に会える喜びで
職場を突き抜けて巨大化します。

いや本当にこのまんまなんですよ!!

観てると元気の出る、素晴らしいアニメでした。

はれときどきぶた ― オリジナル・サウンドトラック (2)

はれときどきぶた ― オリジナル・サウンドトラック (2)