昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

井上まい『大丈夫倶楽部』その4(3巻感想)

第三巻、本日発売です!!

記念に語ります。

詳細はボカしますが、
ネタバレにご注意ください。

あらすじ:現実社会が生きづらい
タイプの主人公、花田もねは

自分を大丈夫にする(=精神を
安定させる)活動をする
「大丈夫倶楽部」を作り、

友人の芦川さんと日常の
ささやかな楽しみを全力で
味わっていた。

実は芦川さんは宇宙生命体で
人間がほっとした時に発する
「安定物質」を生命維持に
吸収していた……。

というのが本作の特異なところ。

芦川さんの正体はムーミン
着ぐるみみたいな姿ですが、

大半の人には普通の人間に
見えているようです。

今回はもね以外のキャラにも
スポットが当たります。

・クモがきっかけでもねが
芦川さんの自宅へ。

・苦手だったが仲良くなれた
同僚の海野さんの家へ。

娘さんのお気に入りアニメを
紹介されて盛り上がる。

・このアニメの制作に、
もねの学生時代の先輩が
関わっていました。

・先輩からグループ展の
案内状を貰い、そこで
以前出会った謎の美青年・
幸生に再会します。

(夜中に人の家のベランダに
飾ってあるダーツに向けて
包丁を投げつけ、プレゼントだと
言っていた人物)

・ダーツの持ち主が今回、
何かともねと出会う感じ悪い
イケメン、アキラだと判明。

アキラは子供時代に訪れた
「芦川探偵事務所」を
探して歩き回っていました。

今回、もねもそれを
知ることになります。

※探偵事務所は既に建物
ごとなく、探偵の芦川
さんは、個人情報など全てを

今の「芦川さん」に譲って
行方不明になっています。

そんなことを二人が知る
由もなく、もねに芦川さんと
いう知り合いがいると聞いて

アキラはメッセージを渡し、
芦川さんがやって来る……。

折角だから続きます。

ところで個人的に好みなキャラが
もねと芦川さんの共通の友人、
玄郎さん。

芦川さんの栄養素「人の安定
物質」を玄郎さんは常に
拡散してるため

一緒に居続けると丸々と
肥えてしまうレベル。

温厚で癒しオーラを完備した
長身のメガネ男子……。
完璧か!!(大絶賛)

ところでリオさんて何者?

(原作)池田悦子(絵)あしべゆうほ『悪魔の花嫁』その10 ミステリ回2

殺人シーンの多い本作ですが
大半は衝動的なもの。

計画的な殺人は、短編
ミステリとして秀逸な
作りになっています。

15巻「暗闇への二重奏」は
その一つ。

冒頭、アンティークショップで
「まったく同じものが二つ」
欲しいと言う男。

店員姿のデイモスが、男に
黒ミサで使われたという
二対の燭台を売ります。

エプロン姿が妙に可愛い……。

男は人気作曲家で、
週刊誌に「お宅訪問」の
記事が載るほど(伏線)

ある時、彼のもとに田舎から
上京してきた歌手志望の
少女が訪れます。

少女をアリバイ作りに
利用して、男は以前から
独立資金を強請っていた
ゴースト作曲家を殺害します。

計画→

1:自宅Aに少女を招き、
シャワーを浴びて来ると
その場を離れる。

2:近くの公園に被害者を
呼び出して殺害。

3:自宅Aから少女と共に
一度用事で出かけて
自宅Bへ。

4:捜査に来た警察には
殺害現場から遠く離れた
自宅Bにいたと少女に証言
させる。

これで警察を騙すつもり
でしたが、誤算が生じます。

自宅Aからボヤが発生。

捜査で近くにいた警官が
火災現場を見て「雑誌にあった
先生のお宅にそっくり」と気付いて
偽装がバレるオチ。

火事の原因は、待たされてる間
少女がヒマを持て余して
ヘアアイロンで髪を弄ったから。

高熱を発する家電は
使用後にスイッチを切れと
いう教訓ですが

「デビュー前に髪型を
変えた方がいいな」なんて
男が何気なく言ったのが
きっかけというのも皮肉です。

この少女、お土産が実家の
庭のクルミだったり、

クルミを割ろうとして
デイモスが売った不気味な
悪魔像のついた燭台を

机に叩きつけて壊したりと
言動がだいぶアレな子です。

(メタ的に火事になる展開が
必要なのは承知の上で)

「初めて訪問した、自分の将来を
大きく左右する人の自宅を
火事にする」この子の将来が
心配だよ……。

それはともかく

「犯行現場を目撃者に
誤認させるトリック」は
結構ありますよね。

マンションやホテルだと
実は階や部屋が違うとか

同時期に開発された地区なので
どこも外観が似てるとか。

続きはまたそのうちに。

盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』その34(アニメ二期話2)

※昨日、第三話観てたら
次回予告に「グッドマザー・
グッドバイサマー」が!
超楽しみです!!

二期第一話はCパートからの
特殊ED。

原作は5巻57死
「ドラルク・ザ・サイレント
ジャマー」

締め切りで焦るロナルドを
無言でおちょくるドラルク

(音出したらテメーの
塵にトマトの苗を植えると
脅されたから)

原稿に集中してるフリを
するも、内心のツッコミが
止まらず

遂に口を出してしまった
タイミングでフクマさんが
来てしまい……。

アイアンメイデン(中は空洞)に
強制カンヅメにされる前に

ロナルド「一曲歌わせてください」

(そういうオチだと)
「♪わかってた~」

このままEDテロップが
流れ出すのと

古川慎さんが実にいい声で
歌い上げるのが
じわじわきました。

フクマさんといえば、
OPに猫のボサツくんがいる

+編集長&
サンズさんも登場。

ということはオータム
書店の社内運動会に
ロナルドとドラルク
強制参加させられる

4巻43死「今日は地獄の
運動会」も確定かな?

(この回はクワバラさん未登場)

放送確定エピソードと
いえば、既にパジャマ姿の
キャラグッズが出てるので

14巻172死「ゴールデン
スランパーティ」こと

吸血鬼パジャマパーティ回も
あると見た!(大歓喜

※本人の半径20m以内に入ると
パジャマ姿でメルヘン脳にされる
恐るべき吸血鬼。

結界&催眠の二重使用って
ものすごく高度な能力なのに
新横の吸血鬼の使い道が
おかしい……。

例:マイクロビキニ

またOPで徹夜ハイの
ロナルドがいる=

9巻97死「ミッドナイト・
テンション」もあるでしょうね。

ウルトラハイ状態の
ロナルドに対して
ラルクがひたすら
ツッ込む話。

また、第三話でカンタロウが
再登場。

(9巻104死「帰ってきた
メチャクチャマン」)

この回は、稀美さん妹の
三魅美(みみみ)も登場します。

彼女、ノースディン登場回
にも出てるんですよね……。
(超期待)

ヒヨシがヒナイチ、カンタロウに
ツッコミを入れるオチ担当に
なってますが、

ヒヨシ回「アニキサーガ」も観たい……!

続きはまたそのうちに。

盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』その33(アニメ二期話)

アニメ第二期、好評放送中!

というわけで二期の話を。

OPから既に素晴らしい!!

吸血鬼と人間が共存する、
愉快で楽しい世界というのが
余すところなく詰まってる……!!

一期ではドラ、ロナ、ジョンの
にっぴきだけ踊ってたのが

二期では登場キャラの大半が
踊ってるのがいい……。

ライブ会場でステージ上に
立ってるのが

(ドラルクもいるけど)

ロナルド、ショット、武々夫、
マナー違反ということは
このバカルテットのエピソードが
結構あるということでしょうか。

みんなで踊ってるシーンも
それぞれ細かく動いてて

店長が皆と一緒に腕を振る→

武々夫を双眼鏡で眺める→

また周囲と合わせて
一緒に踊ってますね。

息子の見せ場があったのかな?

へんな親子のバックダンサーも
可愛い。

ステージの上で何もしない、
というマナー違反をしてた
学くん(吸血鬼マナー違反)が

サテツに背後から腕抱えられて
一緒に踊らされてるシーンも
好きです。

ラストでは事務所に帰ってきた
にっぴきが、ロナルドは机の上に
足を伸ばし、

ラルクは棺桶で寝る際の
棺の蓋の裏の写真、温泉回での
記念写真……!

ということは第100死の
放送が確定!

ドラウス父様が棺の裏の
奥さんの写真にキスしてるのも
OPで出てるので

12巻144~145死
「グッドマザー・グッドバイ
サマー」も確定ですね。

カンタロウもやっと
吸対として登場!おめでとう!

EDも一期はドラルクを探して
孤独な旅をしていたジョンが

二期では「ちょっとお散歩
したらみんな顔見知り」で

ラルクが迎えに来るという
対比になってるのに制作側の
愛を感じます。

しんよこキッズトリオが
キックボードのガキが
通りかかったら敬礼したり、

ご真祖様が現れたら
みんな驚いてる中、
即逃走モードのY談おじさんの
さすがの逃げ足の速さ……。

二期登場のキャラ設定も
公開されて、編集長の声が
檜山さんと判明。

言われてみれば確かに
イメージ通りです。

ミカヅキくんも声ハマって
ますね。

ノースディンも登場しないかな……。

続きます。

榛野なな恵『Papa told me』その13(妖精のドア回)

念のため解説:

感受性豊かな10才の女の子、
的場知世ちゃんとイケメン作家の
お父さんのほのぼの日常もの。

本作には「すこしふしぎ回」が
時々あって、本の中と現実世界が
リンクしたり、知世ちゃんが
動物と話したりします。

本筋とはあまり関係ない
扱いですが、ほっこり話も
多くて好きです。

今回はココハナ版8巻
「フェアリードア」の話を。

冒頭、知世ちゃんがよく通う
ドールハウスの店員さんが
「妖精のドア」という
小さなドアを制作中。

※部屋や庭に飾るインテリア。

知世「うちにあったような
気がする……」

一緒にいた叔母の
ゆりこちゃんは、見た
覚えがないと言います。

お父さんに訊くと

「お母さんが話して
くれたんじゃないのかな」

知世ちゃんのお母さんの
千草さんは病弱な人で、
知世ちゃんが幼い頃に
亡くなっていました。

回想シーンで幼い
知世ちゃんに、子供時代の
話をしてくれます。

熱を出して学校を
お休みしていた時、

窓辺から裏庭の木の
「妖精のドア」を
見ていたら

千草「とうとうある日……
ゆっくりドアが開いて
小さな女の子が出てきたの」

「その子はあたりを
見回して たくさん落ちてる
どんぐりを嬉しそうに
拾い集めてた」

その話を思い出した
知世ちゃんは、

スケッチブックに
お母さんが説明した通りの
小さなドアを描いて、
部屋の隅に置きます。

数コマ後、

憂い顔のパジャマの少女が
窓の外を眺めていると

庭の小さなドアが開いて
小さな知世ちゃんが
出てきます。

驚く少女の目の前で
嬉しそうにどんぐりを
拾う知世ちゃん。

転んだところを見られて
照れ笑いすると
つられて笑う少女。

「千草!寝てなきゃ
ダメでしょ!」

母親に言われてベッドに
戻る少女。

千草「またね」

現実に話が戻り、
部屋の隅にどんぐりの
小山を見つけて不思議そうな
顔のお父さん。

どんぐりがある=夢でも
空想でもない証拠です。

千草さんも不思議な力の
持ち主だったようで

先のことが分かっていた
ような台詞が時々あります。

無印時代よりココハナ版に
なってからの方が、出番が
増えた……。

続きはまたそのうちに。

松井優征『逃げ上手の若君』その20(9巻感想の6)

大将の渋川さんが高台で一人、
戦況を見守っているところに
現れる時行&弧次郎。

(本人が武勇に自信があり、
攻め時のため、護衛の兵士が
いないという絶好の機会)

単独行動ではなく、後方では
三浦さんが退路を守っています。

実は諏訪時継さんも近くに
ステルス配置……。

三浦八郎「今より北条の大将が
足利の大将と戦われる!

幼子二人が天下の豪傑を
倒す様(さま)
両軍とくと見届けろ!」

こういう大音声で周囲が
注目するの、古き良き時代の
戦って感じしますね。

銃や火薬の時代にはもう
不可能だもんな……。

時行と弧次郎の作戦は
「渋川を極限まで怒らせる」
こと。

時行「遅っそい太刀だなぁ
渋川 二対一だと
震えてまともに
降れないらしい」

実際は遅いどころか
逃げ上手な時行でも

(海野殿の戦いを
見ていなければ
躱せなかった)

そう思わせるスピードです。

太刀を躱し続ける
時行に

「すげぇ やっぱ
ド変態だ あの若君!」

味方の賛辞がおかしい!

知将・斯波孫次郎も
主君を危険に晒す戦い方に
戸惑います。

孫次郎(主君が死んだら
お終いの戦で
正気じゃないぞ)

正気じゃない奴だらけの
戦場で何を今更……。

(小石を意味なく投げて)

玄蕃「あ ごめん 
当てただけ
続けて続けて」

玄蕃も煽りに加わって
渋川さんの怒りは頂点に。

その頃、渋川さんとの
一騎打ちで負傷した
男の中の男、海野さんが
目を覚まします。

無事で良かった……。

海野「恐ろしく強いが
やはり若い」

渋川さんの異変に
足利側も気づきます。

孫次郎「疲労……?
渋川殿が子供相手に
この程度の戦いで!?」

渋川さんが疲れきった
ところで、時行が遂に……

時行「ここからは
正真正銘の一騎打ちだ」

弧次郎に勝てたら
私の首をやると宣言……!!

続きが気になる!!!

望月軍に参加してる吹雪も
頑張れ……!

ところで、死の危険が
高まるほどに

「オラ、わくわくすっぞ」
という悟空タイプのキャラは
結構いるわけですが

時行のように発情顔で
ハァハァするタイプは……

ゴールデンカムイ
屈指の変態、辺見と同じ
カテゴリに入るのか……?

松井優征『逃げ上手の若君』その19(9巻感想の5)

望月さんVS岩松さんと
同時進行で

亜矢子VS石塔範家

女性が好きという共通点は
あっても、女なら老若問わない
岩松さんとは対照的に
一途な石塔さん。

(亜也子の名乗りで
領主の娘で巫女で便女と
聞いて)

石塔「恐るべき
属性の詰め込みぶりよ
参考にしよう」

亜矢子(なにその鎧!?
何の参考!?)

現代が舞台なら、萌え絵が
でかでかと描かれたグッズを
身につけているキャラは
よくいる痛いオタクですが

南北朝時代に二次嫁の
痛鎧だと、変人を通り越して
ホラーの領域です。

これが天才の発想……。

亜也子に何かと
質問するので

兵士「望月様のお嬢に対して
何の興味だ!」

石塔「見くびるな
俺は現実の女なぞに
興味はない」

脳内の理想の嫁「鶴子」を
創り上げた石塔さんは

「脳内の彼女に恥じぬため
拙者はいかなる鍛錬も
厭わないし

いかなる戦にも恐れず
飛びこむ」

カッコいい……(錯乱)

しかも「鶴子」は公式
設定とかないだけに、石塔さんが
好きなように変更できます。

亜矢子に色々質問したのも
その参考にするため。

これだけ自己完結してる人は
他者への忠誠心が薄そうな
ものなのに

直義「おまえが足利家のため
強くなるために創り上げた
空想の女を……
私も誇りに思う」

石塔「誰も理解できなかった
俺の嗜好を……
直義様は丸ごと認めて
くださった」

ということで足利家への
忠誠心MAXになってるのも
素晴らしい設定。

また、石塔さんに対して
亜矢子が反論することで
彼女の時行への想いや健気さが
読者に伝わるのもいい。

亜矢子「(私は)絶対若様の
理想通りの娘じゃない」

「でも私はそんな私を
大切にしてくれる
若様が好き」

「思いの強さで負けるものか!」

亜矢子も可愛いけど
石塔さんは他人とは思えない
親近感があるのでので
討たれてほしくないな……。

(コミックス派なのでまだ
先がわからない)

一方その頃、斯波孫次郎の
策略で、最前線と後方の
両方をかき回されて動揺が
走る時行軍。

時行は事態を打開すべく
弧次郎と共に伝令に化けて
足利軍のど真ん中に……。

続きます。