昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』その6

本日1月19日はルパンレッド、
夜野魁利役、伊藤あさひさんの
お誕生日です、めでたい!!!

というわけで魁利くんの話を。

性格は一見、明るくチャラい、今どきの若者。
よく仕事中に女性客とお喋りしていました。

堅物の圭一郎とは正反対のキャラで、それが絶妙な
バランスになっていました。

ルパンレンジャーの目的は、ギャングラーによって
氷漬けにされた大切な人を取り戻すこと。
透真は婚約者、初美花は親友、魁利は兄です。

しかし二人と違うのは、魁利は何でもできる
兄に対してコンプレックスを抱いており、
素直になれずにいたこと。

単純に仲が悪いわけではなく、
兄のクセだった「相手の鼻を軽くつまむ」仕草を
ルパンレンジャーの姿でも魁利がしたことが
気付かれる要因にもなっています。

魁利の兄への複雑な想いは、圭一郎との関係性にも
影響を及ぼしています。

序盤は「熱血おまわり」と馬鹿にしてたのが
真っ直ぐで面倒見のいい圭一郎に兄を重ねて反発したり

からかうために「圭ちゃん」と呼びはじめたのに
信頼が深まってからは自然とそう呼ぶように
なったりと、呼び方ひとつで関係性の変化が
わかるようになっています。

また、ルパンレンジャーの3人は
「最後に残った一人が願いを叶えればいい」と
いう考えで、序盤はビジネスライクな関係。

「困っても自分で何とかしろ」から
次第に「誰一人欠けてもダメだ」に
変わっていきます。

初美花と透真と魁利の秘密を共有する仲間と
しての関係、友情。

秘密を知られたら壊れるとわかっていても
圭一郎は嫌うにはあまりにもいい奴すぎる……。

そんな人間関係も、『ルパパト』の
醍醐味の一つ。

しかしギャグ風味の「強制帰宅ビーム」回では
魁利にビームが効かない

=帰る場所がないと思っている
ことが発覚したり

透真、初美花、ノエルが引っかかった
大切な人の姿に擬態する罠を突破
(=相手をためらわず狙撃する)
闇を感じさせるエピソードもありました……。

お兄ちゃんも取り戻せたことだし、
幸せになってね……!!!

Wレッドが出来るまで 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー レッドオンリーブック

Wレッドが出来るまで 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー レッドオンリーブック

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: リブレ
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

アニメ版『聖闘士星矢』オリジナル設定 その1

※86年版TVアニメの話です。

『星矢』はアニメ化が発表された時点で
コミックスは4巻しか出ていませんでした。

そのため設定資料などを作る際、様々な
補完が必要だったでしょうし、

アニメでオリジナル設定・展開が加わるのも
珍しいことではありません。

 しかしオリジナル部分は『星矢』の
世界観やキャラに全く合っておらず
違和感を通り越してシュールの領域に。

今観ると笑えるので、この「東映クオリティ」
部分に関して語りたいと思います。

・何故か海辺のヨットハウスに住んでる星矢。

どこで習ったのか、ギターも弾けます。

原作ではどこで寝起きしてるのか
描かれていません。

星矢の性格からして城戸邸の空いてる
部屋を提供すると言っても応じないでしょうし……。

・氷河の師匠、クリスタル聖闘士。

何座なんだよ!?そもそも聖衣じゃなくね!?
当時から散々ツッ込まれてました。

しかもクリスタル聖闘士登場直後に
原作にカミュが出てしまい、

アニメではカミュはクリスタル聖闘士の
師匠ということに……。

20歳のカミュよりクリスタル聖闘士の方が
年上に見えるとかツッ込まない方向で。

一輝を助手席に乗せて車の運転したり
お土産のスイカを持って歩くシーンも
ありました(スイカは劇場版)

・氷河のアニメオリジナル技
「シベリア仕込みの脚封じ」

相手の足を地面ごと凍らせて動けなくする技。

敵の足元にしゃがんだら、上から
攻撃されるに決まってるだろ……。

回想シーンでの練習相手は白熊。そのせいか動物園で
親しげに白熊に話しかけるシーンもあります。

氷河がこの技を使ったのはオリジナルキャラの
ドクラテス。

カシオスの兄という設定でした。

・再会を祝して、一輝が皆と一緒に
聖衣着たままオレンジジュースで乾杯。

一輝といえばエスメラルダが師匠の娘なのは
ともかく、ピンクに赤い大きな花柄のワンピースで
リゾート地のムームーっぽかったのは……地獄の島なのに。

初期のこの辺に比べたら、北欧編が
頑張って原作に寄せてるのがわかりますね。

続きはまたそのうちに。

聖闘士星矢 Blu-ray BOX I

聖闘士星矢 Blu-ray BOX I

 

広江礼威『BLACK LAGOON』その2

舞台であるロアナプラの街は治安が悪く、
多国籍のマフィアが協定を結んでいても
争いが絶えません。

主な組織は4つ。

ロシアンマフィアの「ホテル・モスクワ」。
アフガン帰りの元ソ連兵士が主体なので
軍隊らしさがあるのが特徴。

香港マフィアの「三合会」(トライアド)
トップの張さんが二挺拳銃なのは
男たちの挽歌』のチョウ・ユンファ
モデルなんだろうな……。

コロンビア、イタリアマフィアの連中は
かませです。

コロンビアマフィアが南米の名家、
ラブレス家のお坊ちゃんを誘拐して
ロアナプラまで連行したエピソードが
「恐怖のメイド」ロベルタ編です。

三つ編みメガネっ子メイドが元は
「猟犬」と呼ばれた国際指名手配中の
赤軍テロリストという……。

イタリアマフィアがホテル・モスクワを
潰そうと雇った無邪気な双子の殺し屋
ヘンゼルとグレーテル」編が
忘れられません。

アフガン時代からの同志を殺された
トップのバラライカは復讐を誓います。

バラライカカラシニコフの裁きのもと、
5・45ミリ弾で
奴らの顎を喰いちぎれ!!」

賞金目当てに街中が大騒ぎとなり
レヴィもエダと狩りに加わりますが
結果的に双子の片方の逃亡に加担する羽目に。

双子の一人はバラライカに近づこうとして
遠方から狙撃されます。

小山茉実ボイスの
「跪け」
のド迫力は流石としか言いようがない。

逃亡に成功したはずのもう一人は
逃がし屋の老人に撃たれてしまいます。
既にバラライカが手をまわしていたのでした。

ロック「……みんなが寄ってたかって、
あの子を虎に仕上げたンだ。

人食い虎にしちまったんだ!!
畜生!!」

(惨い虐待跡があっただろう)
双子のスカートの下を見た後の
ロックの憤りと嘆き、それに対する
ベニーの返しが切ない。

復讐を果たしたバラライカが疲れたと
言ってましたが、彼女は双子がか弱い被害者
だった頃をビデオで見てるんですよね……。

やるせないオチなのが、
強烈な印象を残しています。

本名も謎のままでしたね。

続きはまた後日。
実はロットンが好きです。 

ブラック・ラグーン (3) (サンデーGXコミックス)

ブラック・ラグーン (3) (サンデーGXコミックス)

 

 

広江礼威『BLACK LAGOON』その1

BLACK LAGOON(ブラックラグーン 01~)
東南アジアの架空の街ロアナプラを舞台に
4人組の運び屋「ラグーン商会」が
マフィアや悪党たちと渡り合う
ガンアクション漫画です。

06年にTVアニメ化、OVAや小説版も
出ています。
略称は「ブラクラ

主人公は日本人の元サラリーマン、
岡島緑郎(おかじま ろくろう)。

第一話はロアナプラに出張した彼が
3人組の運び屋「ラグーン商会」に誘拐
されるところから始まります。

彼らの目的は、緑郎が会社から預かった
ディスクを依頼主に渡すことでしたが
緑郎も一緒に連れ去られ、人質に。

その際リーダーのダッチから「ロック」と
あだ名をつけられます。

ディスクの中身を知られたくない会社側は
緑郎ごとディスクを葬るよう、雇った
傭兵たちに指示を出します。

緑郎とラグーン商会の4人は追われるうちに
罠に飛び込んでしまい
絶体絶命のその時、緑郎の頭に閃きが……。

ダッチ「イカれてるとしか思えねえぜ。
だが面白え。」

と、作戦に賛同。一か八かの賭けは成功します。

自体は平穏に解決し、緑郎の上司は
何事もなかったように「御苦労だったな」と
同行させようとしますが

「俺はね、もう死んでるんですよ。
あんたがそう言った。
俺の名は、ロックだ。」

緑郎は以降、ラグーン商会のメンバー、
ロックとして生きていくことになります。

数か国語に堪能、南米の名家の家族構成や
紅茶の種類にも詳しい辺り、
エリートサラリーマンの名残があります。

序盤はリーマン気質や真面目すぎる
正確が災いしてヒロインのレヴィと
ぶつかることも多々ありました。

だんだんやさぐれていきますが
優しいロックにはあまりにも
過酷な出来事が多いから……。

ケンカばかりしていたレヴィとの関係性が
変わっていくのも見所です。

レヴィ「どきなエダ。二流ガンマンが」

エダ「額で煙草を吸うコツ、
教えてやろうか?」

ハリウッド映画のような派手なアクションと
独特の台詞回し、そして強烈なキャラクターが
魅力の作品です。

続きます。

BLACK LAGOON ORIGINAL SOUND TRACK

BLACK LAGOON ORIGINAL SOUND TRACK

 

 

仲川麻子『飼育少女』

『飼育少女』(17~)は天然ボケの女子高生・
鯉住のぞみが、ひょんなことから生物教師の
対馬先生から小さな水棲生物ヒドラを貰った
ことをきっかけに、様々な水棲生物を飼育、
観察する楽しさに目覚めていくお話です。

きっかけは掃除中に猫を見たのぞみが
「うちも何か飼いたいけどマンション
なんだよねー」と友達の亜依ちゃん
話しているのを対馬先生が聞いたため。

実は対馬先生には最初から
下心がありました。

「自分にはない発想をする女子高生を
観察・飼育したい」という……。

普通に「専門家と素人が一般には
馴染みのないジャンルを
読者にボケツッコミしながら解説」
という理系漫画の一面もありながら

男性教師と女子高生の禁断の恋を
描いた作品でもあります。

天然なのぞみはヒドラの動きを
(バク転してる……アイドル!!)

フジツボの脚を見て
(貴婦人の扇のよう……)

発想が実にユニーク。
対馬先生でなくてもリアクションを
期待して何か教えたくなります。

オオグソクムシが掘る姿を見るために
人工海水を寒天で固めるエピソードが
特に秀逸。

対馬先生は何を考えてるのかよく
わからないタイプで、人の気持ちを
察するのが苦手なようです。

亜依ちゃんには不気味がられていましたが
3年の女子、熊谷先輩からはモテていました。

のぞみは先生と一緒に生物を飼育するうちに
恋愛感情も育てていきます。

このまま穏やかに「観察」の日々が続くのかと
思っていましたが、ある偶然から突然終わります。

「教師が専門知識を利用して、目をつけた
生徒を一方的に観察、逐一ノートに生徒の言動を
細かく記録していた」と書くと確かにキモいですが

当ののぞみがノートを見てもショックも嫌悪も
感じなかったのに社会的な断罪が必要だったのか……と
思わなくもない。

オチに賛否はあるでしょうが「飼育されている」
ことを知らないままよりは、知った上で受け入れて
新たな関係性を築く終わり方、好きです。

ふた昔前だったら、何の問題もなくくっついて
終わってたかもしれませんね。

飼育少女(1) (モーニング KC)

飼育少女(1) (モーニング KC)

 

 

いがらしみきお『ぼのぼの』その2

前回は全体をざっと語ったので今回は
キャラについて。
(アニメの話は95年版です)

主人公のぼのぼのは温和で空想癖のあるラッコ。
天然ボケで意味不明な言動や妄想をしては
誰かにツッ込まれています。

彼の疑問に誰かが答える、問題提起の役割もあります。

シマリスくんもぼのぼのに対してはツッコミに
まわることもありますが

アライグマくんに対してはいぢめられ役。

原作通り虐げられ続けるのはまずいと
思われたのか、

アニメでは思い切りやり返していて
トムとジェリーみたいなことに……。
(原作でもたまには反撃している)

姉のダイねえちゃんとショーねえちゃんは
わりと序盤からいましたが

両親や異母兄や甥っ子なんかも登場したりと
キャラの中では一番家族が多いですね。

プレーリードックちゃんやフェネックギツネの
フェネギーちゃんなど何気に友達も多い。

おにいさんの(嫌なことを忘れずにいると)

「自分がどんどん古びていくような
気持ちになりませんか」

「許して忘れるのです
一度やってみてください……」は名言です。

アライグマくんは乱暴者ですがツッコミ役と
して欠かせないキャラでもあり、

照れ屋だったり恋をしたりと
可愛いところも多いです。

プレーリードックくんには優しいのもいいですね。

 スナドリネコさんはスナフキンを思わせる
どこか悟ったような性格のお兄さん。

ぼのぼのの唐突な思いつきにも趣のある
言葉を返してくれます。

実物のスナドリネコの画像を見た時に
(これは哲学的なこと言いそう……)と
納得しました。

個人的に好きなエピソードは森の中、
満開のシロナガレの花を見上げる
プレーリードックくん。

シマリス「プレーリーちゃんは一年に一度だけ
ここにお花を見にくるんだって」

「プレーリーちゃんのいるところは
砂漠だからお花がないのよ」

ぼのぼの(そうか じゃあ
プレーリードックくんには
ボクたちより ずうーっときれいに
見えるのだろう)

なんか深い……。

長期連載作品ですが、どこから読んでも
問題ありません。

しみじみと名作です。

癒されたい日のぼのぼの (竹書房新書)

癒されたい日のぼのぼの (竹書房新書)

 

いがらしみきお『ぼのぼの』その1

ぼのぼの(86~)はお父さんと
二人暮らしのラッコの男の子、ぼのぼの
主人公に、森に住む動物たちとの交流を描いた
不思議な味わいの動物四コマ漫画です。

93年、02年にアニメ映画化、
95年、16年にTVアニメ化しました。
絵本も5作出ています。

シマリス「いぢめる?」

ぼのぼの「いぢめないよぉ」

定番のとぼけたやり取りは大いにウケて
数多のパロディが作られました。
私もFRの「見せましょう」で知ったクチです。

この作品の魅力として
シンプルな可愛い絵というのは大前提で

1:まず、間がすばらしい。

大きな出来事など起きないのに、
ちょっとした一言や動きだけで
くすっと笑わせます。

2:擬音のセンスが芸術の粋

食べる時の「はむはむはむ」

水に落ちる時の「がぺん」
立ち上がる時の「しゅりんくっ」とか
天才的なセンスです。

3:発想がシュール

特にぼのぼのの妄想の中のキャラ、
しまっちゃうおじさん。

「さあどんどんしまっちゃおうね」と言いながら
子供を岩の間に押し込める謎のおじさん。
(外見はネコ科)

 ぼのぼのが勝手に想像して怖くなってる
だけなのに、存在感がありすぎる。

95年版アニメでは飛田展男さんが演じて
「しまっちゃうよ~しまっちゃうよ~♪」と
更に強烈なキャラに……。実は絵本もあります。

4:台詞が時に哲学的

フェネギー父「なってもなっても
なりきれないから ぼくはうたうたいを
やめたんだ」

子供の頃はピンときませんでしたが
オトナになったら心にしみた台詞が結構あります。

名言集も出てますね。

また、当時はプレーリードックやフェネック
ギツネはあまり知られてなかったので
後になって(本当にいるんだこんな動物!)と
驚いたものです。

特にスナドリネコさん。

漁る(すなどる=漁をする)ネコなんですね。

 クズリくんは『ゴールデンカムイ』にも登場して
その猛獣っぷりに驚きました。
ぼのぼのだと笑顔でオソマしてるのに!

昭和の頃、カルピスか何かのキャンペーンの
ぼのぼの時計が欲しかったな……。

折角だから続きます。

ぼのぼの(1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)
 
しまっちゃうおじさんのこと (ぼのぼのえほん)

しまっちゃうおじさんのこと (ぼのぼのえほん)