昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

山岸凉子『日出処天子』その2

『日出処天子』に登場する魅力的なキャラは
王子や毛人・刀自古以外にも沢山いて、

王子に仕える渡来人、淡水と調子麻呂は
腕っぷしも強く、頼れるキャラクターとして
描かれました。

淡水の方は王子のためなら非道な手段も使うタイプ。

調子麻呂は優しく誠実で、尼さんとのほのかな恋の
エピソードもありました。

後に登場する、無邪気で器用な工人の少年・
トリも含めて、和やかな雰囲気の時もあったのです。

過去形なのが切ない……。

「もし、もう少しだけ○○だったら」が
多すぎて辛いのですが、山岸作品は容赦なく
キャラクターを突き落としていくのが特徴です。

もう少しだけ、母・間人媛が王子に優しかったなら、
王子が似たもの同士の刀自古に心を開いてくれていれば……
毛人が王子を受け入れてくれていたら……

せめてあの布都姫を殺害しようとした
決定的な瞬間を毛人に見られずにすんでいたら……。

(ああ……)と読者が膝から崩れ落ちて
しまうような出来事が作中には多々あります。

しかし一度読みだすと止まらず、最後まで
目が離せません。

王子が最終的に傍に置いたのは誰なのか、
その死後の一族の終焉までがドライな視点で
淡々と、しかし張りつめた美しさで描かれます。

最終エピソードである『馬屋古女王』
(うまやこのひめみこ)には
刀自古の産んだ山背大兄王子(やましろ
おおえのおうじ)と

末の姫・馬屋古や王子の他の子供たち、

毛人と布都姫の息子・入鹿(いるか)が
登場します。

高貴な血筋に生まれ、誰よりも聡明で
人を越えた力を持った美貌の王子の
本当の望みは……。

最終巻まで辿り着いた人はこちらも必見です。

 

蘇我馬子や額田部女王(ぬかたべのひめみこ
推古天皇)など、日本史でおなじみの
人物も人間味のあるキャラクターとして描かれて
います。

何かと名前が長く、婚姻関係がややこしい
古代日本史をわかりやすく頭に入れることも、

毛人を巡る恋物語として読むこともできますので
機会があればぜひ!!

少女マンガ史に残る傑作と名高い作品です。

 

 

山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)

山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)

 

 

 

山岸凉子『日出処天子』その1

『日出処天子』(80~)飛鳥時代を舞台に
聖徳太子こと厩戸王子が超能力者で、蘇我毛人に
恋していたという前代未聞の設定で繰り広げられる
史実をベースにした物語です。

※「ひ いづるところのてんし」と読みます。
通称は「ところてん」

80年代に聖徳太子といえば一万円札のヒゲのおじさんでした。

それが「妖しい魅力の美少年(後に美青年)で
超能力者」

しかも男である蘇我毛人(そがの えみし、
蝦夷とも書く)に想いを寄せるという……。

何をどうしたらそんなこと思いつくの!?

序盤、大豪族の蘇我の跡取りながら、おっとりした少年の毛人は
ある日池で水浴びをしている美少女に心を奪われますが
実は厩戸王子でした。

王子は毛人の記憶を消したつもりが消えておらず、
そのことから毛人に興味を持ち、やがて魅かれて
いきます。

しかし、毛人は蘇我氏が滅ぼした物部(もののべ)
一族の女性、布都姫(ふつひめ)と恋に落ちてしまうのでした……。

これにより、毛人の妹で彼を愛する刀自子(とじこ)と
王子が嫉妬のあまり色々やらかすことになります。

 

王子が毛人を好きになった最大の理由は
「人と異なる力を持つ自分をありのまま
受け入れてくれた」からでしょう。

母親は王子を恐れ、避けていました。

誰よりも賢く、人知を超えた力を持ちながらも
孤独な王子の姿が何度となく描かれるので

優しい毛人の気遣いは王子の救いなのが痛々しいほど
伝わります。

また、刀自子はかつては快活な娘でしたが
物部の男たちに酷い目に遭わされて以降、

表情は昏い影を帯び、兄の毛人しか愛せなくなります。

読者はこの二人に感情移入していたため
布都姫は当時、相当嫌われました。

王子は自ら変装して幾度となく毛人から布都姫を
遠ざけようとし、泊瀬部大王(はつせべのおおきみ)に
献上されるように仕向けたり毒殺を図ったりします。

しかし泊瀬部大王殺害、ついでに布都姫を殺そうとした
決定的瞬間を毛人に見られてしまうのでした……。

次回に続きます。

 

 

 

『タイムボカンシリーズ』その1

タイムボカンシリーズ』は文字通り
タイムボカン(75~)を第一作目とする
タツノコプロ制作の、ギャグ&アクション
&タイムトラベルアニメの総称です。

今なおリメイクやスピンオフが出る人気作ですが
キリがないので一旦シリーズが途切れる
イタダキマン(83~)までを語ります。

「おしおきだべぇ~」
「ではポチッとな!」(ボタンを押す)
というセリフは結構有名なので、全く観てなくても
それは知ってるという人も多いと思います。

大雑把なあらすじは
主人公側はタイムマシン「タイムボカン」の
試運転中に行方不明になった博士を

悪玉三人組は「ダイナモンド」という
世界一高価な宝石を探すため

あちこちの国と時代へタイムトラベルし、
着いた先の人々を巻き込んだり手助けしつつ

博士と宝石、両方の手がかりであるオウムの
ペラ助の争奪戦を繰り広げるのでした。

目的やメカ、キャラは作品ごとに変わりつつも
フォーマットはほぼ同じ。

・善玉側は男女二人組+マスコット

・悪玉側は美女一人と、子分の男二人
(頭脳派の出っ歯のヤセ男&力持ちのデブの
組み合わせ)通称「三悪

三悪の上にボスがいて、失敗のたびに
おしおきを受けます。

善玉側は毎回違うキャストですが、
三悪だけは常に小原乃梨子さん、八奈見乗児さん、
たてかべ和也さんが担当しました。

失敗してはボスからおしおきをされ

うまくいけば調子に乗りすぎて自滅し、
それでも決してくじけず、悪だくみを繰り返す……。

人間味に溢れた彼らこそがタイムボカンシリーズ
真の主役といっても過言ではありません。

個人的に『ヤッターマン』(77~)に登場する三悪
ドロンボー一味はメカ爆発後、三人乗り自転車で
歌いながら逃走するのですが

未だに二人乗り、三人乗りの自転車を見ると
「スッタモンダ コッタモンダ ヤッタモンダ♪」と
その曲と場面が脳内再生されます。

爆発した後、悪女キャラの胸が両方OR片方が
丸出しになるお約束が実に昭和です。

 続きはまた後日。

僕たちの好きなタイムボカンシリーズ (別冊宝島 (779))

僕たちの好きなタイムボカンシリーズ (別冊宝島 (779))

 

 

タイムボカン名曲の夕べ

タイムボカン名曲の夕べ

 

 

『仮面ライダービルド』猿渡一海

本日1月14日は『仮面ライダービルド』の3号ライダー
グリスこと猿渡一海役・武田航平さんの
お誕生日です。めでたい!!!

というわけで今日は猿渡一海(さわたり かずみ)
愛称カズミンについて語ります。

仮面ライダービルド』(17~)は平成ライダー
19作目。

火星から宇宙飛行士が持ち帰った謎の立方体
パンドラボックス」が開かれ、そこから
溢れた光の壁(スカイウォール)によって
三つに分断された日本が舞台です。

「東都」「北都」「西都」に分かれた
三つの都市は敵対関係となり、互いの領土を
虎視眈々と狙うのでした。

カズミンは北都の出身。

元は大きな農場の地主でしたが、諸事情あって
彼を「カシラ」と慕う農場の仲間、赤羽・青羽・
黄羽の3人と共に兵士に志願します。

17話で北都が東都に侵攻、東都側の仮面ライダーである
主人公のビルド(桐生戦兎)&クローズ(万丈龍我)と
戦うことに。

初登場時のカズミンは方向音痴という間の抜けたところも、
戦いに飢えた戦闘狂の面もほぼ同時に見せ
一筋縄ではいかない強敵という印象でした。

しかし彼は……強烈なドルオタだったのです。

 ヒロインである美空(みそら)は人気ネットアイドル
「みーたん」として活動し、情報や収入を得ていたのですが

まさかのみーたんオタだと判明。

(美空の一言で仲間になるんじゃ……)と視聴者に思わせながらも

戦いは過酷を極めていきます。

その後戦兎(せんと)は危険な強化アイテムによって暴走、
青羽を消滅させてしまうのです。

今にも心が壊れそうなほど苦悩する戦兎を
救ったのはカズミンの言葉でした。

頼れる兄貴分で貴重なムードメーカー。
情に篤いが時に自分の感情を抑えても

誰かのため大局のために行動できる男、
カズミンの器の大きさは無限大……!!!

でも同じくらいドルオタっぷりが見事に気持ち悪い。

自作のみーたん枕とか本人の前に出しちゃダメ!!

握手に生活費つぎ込まない!!

心の声(妄想)が口に出ちゃってるぅぅぅ!!

天井知らずのカッコよさと気持ち悪さが
同居する男・猿渡一海。
つまりは大好きです!!

 

とよ田みのる『ラブロマ』その2

ラブロマは星野くん&根岸さんだけでなく
他にもカップルが誕生します。

まずは星野くんの幼なじみ塚原くんと
根岸さんの親友・陽子ちゃん。

はじめてダブルデートした時から意気投合するなど
お似合いな感じでしたが

いざ「私たち、つきあってるの?」と陽子ちゃんが
質問した際、塚原くんが曖昧な返答をしてケンカに
なります。

二人とも周囲から一歩引いてクールに振る舞ってる分
照れくささもあって素直になれないのでしょう。

ホシネギコンビが何とかしようと空回りした
結果、いつの間にか仲直りしていました。

もう一組は序盤から星野くんに片思いしていた
凉子ちゃんと、その幼なじみのコースケくん。

コースケくん以外には極度にシャイな
凉子ちゃんは

すぐに言葉にも行動にもできる星野くんに魅かれますが
いつも返事は「諦めてください」

コースケくんは彼女のためにいつも協力してくれて
念願だった「星野くんが絵のモデルになる」ことを
了承させます。

凉子「なんであんなことしたのよ!!」
コースケ「凉ちんが好きだからだよ」

からの

コースケ「好きじゃなくってもいいよ
凉ちんの隣にいさせてくれよ」

凉子「あんたいっつも私の隣にいるじゃない!!」

コースケ「そーいやーそーだなー」

は名場面です。

そんなカップル未満な二組を心配した根岸さんが
また空まわって泣いたら

陽子「あんたが好き 自分の幸せだけ考えて」
凉子「そうですよ!!幸せになってください
私は……私達は欠点だらけです
でも……幸せになろうと頑張ってます!!」

と励まされます。

クールな陽子ちゃんと、口下手な凉子ちゃんの
台詞と思うと実に感慨深い。

他にも星野くんが一人で予備校に
行った際、寂しく思ってることに気づくとか

(本来、一人でも苦にならないタイプなのに!)

ちゃんと成長、変化も描かれます。

文字にしても伝わらないのがもどかしい!!
ぜひ実際にマンガ読んでほろっと来てほしい!!

明るくにぎやかで、転げまわりたくなるほど
初々しくて素敵なエピソードに溢れた作品です。

ラブロマ(5) <完> (アフタヌーンKC)

ラブロマ(5) <完> (アフタヌーンKC)

 

 

ラブロマ 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ラブロマ 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

 

 

とよ田みのる『ラブロマ』その1

ラブロマ(03~)は天然男子高校生
星野くんと、ツッコミ属性女子の根岸さんの
恋とボケツッコミの軌跡を描く
微笑ましくも愉快なラブコメです。

第一話で突然、同級生で違うクラスの星野くんに
根岸さんが教室で告白されます。

根岸さんはこの時点ではじめて星野くんの
名前を知ったくらいなので戸惑い、
つきあうのもデートの誘いも断りますが

「では今日 一緒に帰りませんか?
これ以上は譲歩できません」

(なんだよ譲歩って……)

第一印象「変な奴」は恋が始まるお約束ですね!!

星野くんは風変りなだけでなく、あまり
喜怒哀楽が表に出ないタイプで

だからこそ感情表現がストレートな
根岸さんに魅かれたらしいですが

星野くんは別の意味でド直球。

人前だろうと全く気にせず
ことあるごとに好きだと全力で表明します。

なお周りの反応は拍手喝采
この二人を見てると退屈しないでしょうね。

星野「最近 根岸さんを見てると
胸が熱くなって……

これは多分……欲情してるんです」

根岸「ミもフタもないよ!!!」

他に言い方あるだろ、星野くん!!!

しょうもないことでケンカして
また仲直りというのはラブコメ
王道ですが、

こういう時は素敵な言葉を選んで
くれるのが星野くんのいいところ。

星野「俺も根岸さんも 確かにここに
いるんです

だからわかり合いたいんです!!」

星野「こうやってなんでも
話していけたら 俺たちは
無敵のカップルですよ」

根岸「どこに敵がいたんだよ!!」

星野「そう思うとわくわくしませんか」

根岸「ちょっとだけね」

それにしてもつき合いだしたら釣った魚に餌をやらない
男も多いのに、連日愛情表現を欠かさず

料理失敗してもマズイと言いつつ
喜んで食べてくれて……

もしかして超理想的な男じゃないか星野くんは!?

ただし理屈っぽくてめんどくさい部分もあるけども。

根岸さんもそんな星野くんのことを受け入れ、
ツッコんだりケンカしたりつつ
お互いの距離が近まっていきます。

語り足りないのでまた次回。

ラブロマ(1) (アフタヌーンKC)

ラブロマ(1) (アフタヌーンKC)

 

 

 

 

寺沢武一『コブラ』その2

コブラの魅力の一つは軽妙洒脱な台詞回し。

大人気ラジオ番組DGS最新回ではコブラの名言を
カルタにした「コブラパーティ」で
盛り上がっていました。

一言でいうと「粋」これに尽きます。

書きだすとキリがないのですが

「なぜ あなたは笑うの こわくはないの……」

コブラ「こわいさあ だがオレは
あぶない目にあえばあうほど 
口もとがゆるんでくるんだ」

コブラッ!!その方 たったひとりで
姫を助けに来てくれたのか」

コブラ「ワンマン・ショーをやりたがるのは
オレの本能みたいなもんでね」

個人的にクリスタル・ボーイの
前に現れての

コブラ「ノックをするべきだったかな」
ボーイ「いいさ オレと貴様の仲だ」
のやり取りは今でも最高だと思います……!

そして何といってもコブラという男の中の男が
活躍するにふさわしい、奇想天外の世界設定が
素晴らしい。

しかもエピソードのほとんどが1話~数話完結で、
短いのに一本の映画を観たような濃密さです。

何故か子供の頃、コミックス13巻だけウチに
あったので、

「人間の欲望を利用して寄生する、ダイヤモンドの
歯を持った植物マンドラド」

「ダイヤモンドを燃やして走る黄金の汽車」

「足が車輪状に進化したインディアン」

は特に印象深いです。

他にも巨大魚ジゴルの腹の中に呑み込まれた先に
黒竜王」に支配される都があった「黒竜王」編

伝説の海賊キャプテン・ネルソンのかくし財宝の
地図のイレズミを持つ娘たち
「イレズミの三姉妹」編
(82年の劇場アニメはこの話)

格闘球技「ラグ・ボール」編、

異世界へ迷い込んで姫を助ける「異世界レース編」

光明神アフラ・マズダの力を受けた仲間たちと
共にコブラが暗黒神(アーリマン)の力を
得たクリスタル・ボーイと戦う
「六人の勇士」編など

登場人物、世界観がコブラとレディを除いて
まるごと入れ替わっても成立するのは
すごいとしか言いようがない。

70年代とは思えぬ完成度の高い絵とシナリオ、
凝った設定、どれを取っても今なお色褪せぬ名作です。

コブラ・パーティ

コブラ・パーティ

 

 

コブラOVAシリーズ Blu-ray BOX

コブラOVAシリーズ Blu-ray BOX