昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』その9(23巻感想)

最終巻、本日発売です!!沢山の加筆ページがありますよ!! 記念に語ります。 詳細はぼかしますが、ネタバレにはご注意下さい。 遂に無惨を追い詰めた隊士たち。夜明けまで逃がさなければ倒せる……!!と奮闘します。 遂に無惨を倒しましたが、柱たちが次々と……。 …

(小ネタ)ケツアゴキャラと顔の造形の変遷

念のため解説しておくとケツアゴ=先端が二つに割れてる顎のことです。 ・顎の真ん中に一本線が入ってる。・先端がはっきり分裂してる二種類のタイプがあります。 前者はリアルに実在し、外国人に多いイメージ。(日本人だとあまり見ない) ケツアゴキャラで…

『仮面ライダーブレイブ』

瀬戸利樹さんが声優初挑戦の劇場アニメ『君は彼方』が11月27日に公開されました! 記念に飛彩先生の話を。 『仮面ライダーブレイブ』(17~)は『エグゼイド』の2号ライダー・ブレイブが主役のスピンオフ作品。 内容:ブレイブVS王蛇 サブタイトルは…

『おそ松さん』第三期その1

念のため解説しておくと赤塚不二夫の大ヒットギャグ漫画『おそ松くん』(62~)を原作にしたリメイク作品。 同じ顔のワンセット扱いだった六つ子にそれぞれ個性がつき、 キャラ同士の関係性の美味しさと色んな意味でブッ飛んだ内容が2015年、大ブーム…

『聖闘士星矢』射手座のアイオロス

本日11月30日は射手座のアイオロスの誕生日です。めでたい!! というわけでロス兄さんの話を。 享年14歳なのに、20歳のアイオリアより背が高い……。(2センチ差。でも体重は一緒) 大雑把に説明するとアイオリアの兄で本編開始時には既に死亡してい…

『鬼滅の刃』不死川実弥その1

本日11月29日は風柱、不死川実弥(しなずがわ さねみ)の誕生日です。めでたい!! というわけで実弥話を。ちなみに21歳です。 顔も体もキズだらけで凶悪な目つきで背中に「殺」の一文字を背負った身長179センチの(当時としては)大男。 初登場は…

『吸血鬼すぐ死ぬ』その8 ドラルク

本日11月28日はドラルクの誕生日ですめでたい!! というわけでドラちゃん話を。ちなみに208歳児。 大雑把に解説するとすぐに死んで砂になってしまうが不死身なので即座に蘇るという 弱いんだかすごいんだかよくわからない吸血鬼。 死ぬとオチがつく…

河惣益巳『火輪(かりん)』その4

この物語は中華ファンタジー(風味)なので、お馴染みの青竜・朱雀・白虎・玄武の四神将が登場します。 玄武は本当に亀のお爺ちゃんでしたが、 後に力の証をリーアンに譲って老衰で亡くなります。 青竜はリーアンの養父にして剣の師匠・敖広(アオコァン) …

『仮面ライダービルド』エボルトその1

本日11月26日は石動惣一・エボルト役、前川泰之さんのお誕生日です、めでたい!! というわけでエボルトの話を。 ご本人は素敵なイケオジなのに雑誌の表紙やTVで見るたび (エボルトめ、何を企んでる……!?)と思ってしまうほど、ファンの心に爪痕を残し…

『機動戦士ガンダムZZ』その8(29話)

27話(ハマーンとジュドーの再会、リィナが狙撃される) 28話(プルとリィナの修羅場、和解したものの小屋にMSが落下炎上、リィナ死亡)※実は生きてる。 と、重大なエピソードが続いた後29話「ルーの逃亡」は次イベントへの布石回。 内容は割とタイト…

(小ネタ)漫画における関係性の変化 親分→兄貴→ダチ

『鬼滅』7巻、下弦の壱トーマスが見せる夢の中で、炭治郎たちが煉獄さんを「兄貴ィ!!」と呼んでたり、 同じく伊之助の夢では「親分」だったのがなんか懐かしい響き……と思ったのでそれをテーマに語ってみます。 昭和の漫画の主人公は「親分」と呼ばれるキャ…

『ゴールデンカムイ』その10(公式ファンブック感想)

公式ファンブック「探究者たちの記録」発売中です!! ネタバレしない程度に感想を。 ・カラーイラストは表紙だけでなく特典のポスターや色紙、御礼イラストなども収録されてます。ありがたやありがたや。 (主題歌を歌った)MAN WITH AMISSIONとのコラボ表…

荒川弘『鋼の錬金術師』その2

前回も書きましたが、リアルタイムでコミケの女性向けスペースを大混雑させた最大の原因はマスタング大佐でした(断言) 炎属性で強くて頼もしい、お茶目な一面もある主人公の兄貴分って人気出るに決まってるだろ!! (煉獄さんを見ながら) 作中きってのイ…

荒川弘『鋼の錬金術師』その1

『鋼の錬金術師』(01~)は鋼鉄の義手と義足から「鋼の錬金術師」の呼び名を持つ主人公の少年エドワード・エルリックが、 肉体を失って魂のみが鎧に定着している弟アルフォンスを元に戻すことのできる「賢者の石」を求めて兄弟で旅をするうちに国家規模の…

アニメ版『美味しんぼ』

何が素晴らしいってまず 山岡の声が井上和彦さんなこと。 熱さも青さも持った、お坊ちゃんなわりに反骨精神とアウトロー気質があり グータラで三枚目な面も持つという多面的なキャラクターにこの上なく合っていました。 海原雄山が故・大塚周夫さんだったり…

獣木野生『PALM』シリーズその4

コミックスだと時系列がバラバラなのでちょっと解説すると 0巻「お豆の半分」はカーター、ジェームス、アンディをはじめとするメインキャラが既に揃った状態。 「PALM」のキャラや世界観、雰囲気がよくわかります。 ジェームスが乗り合わせた飛行機がハイジ…

獣木野生『PALM』シリーズその3

久しぶりなので解説すると、 80年代のロサンゼルスを舞台に元医者で探偵のカーター・オーガスと壮絶な過去を持つ助手のジェームス、カーターが後見人のアフリカ育ちのアンディの3人を主軸にした時にハードな時にコミカルな(時に不思議な)物語。 複数の…

和月伸宏『武装錬金』その2

本作を知る人は、まずその名を真っ先に思い浮かべる強烈なキャラパピヨン=蝶野攻爵。 あんな変な仮面と格好で初期ボス→ライバル兼作品に欠かせない大人気の重要キャラって 今更ながらすごい話だ……。 醜いイモムシ時代を経て、華麗な姿に変わって空を飛ぶ生…

和月伸宏『武装錬金』その1

『武装錬金』(03~)は普通の高校生だった武藤カズキが錬金術を使って戦う「錬金の戦士」となり、ヒロインの津村斗貴子と共に人間を喰らうホムンクルスの集団と戦うアクション漫画。 06年にアニメ化しました。主題歌『真赤な誓い』は神曲。 冒頭、カズ…

小山愛子『舞妓さんちのまかないさん』

『舞妓さんちのまかないさん』(17~)は文字通り舞妓さんにご飯を作る「まかないさん」の少女・キヨを中心にしたほっこり日常食べ物マンガ。 勿論舞台は京都。キヨも舞妓さんたちも「屋形」と呼ばれるおうちで共同生活をしています。 最初はキヨも舞妓さ…

『仮面ライダーエグゼイド』パラドその3

本日11月14日は仮面ライダーパラドクスことパラド役、甲斐翔真さんのお誕生日です。めでたい!! 舞台にミュージカルに映画にと幅広く活躍中。 来年1月のミュージカル『マリー・アントワネット』ではフェルセン伯を演じるそうですよ♪ というわけでパラ…

遠藤達哉『SPY×FAMILY』

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー19~)は、凄腕スパイの父親と殺し屋の母、超能力者の娘がとある事情から「家族」として全員が秘密を隠して暮らしていくコミカルなドタバタ(ブラック)日常コメディーもの。 突飛な設定ですが「疑似家族が様々な事件や出…

(小ネタ)『サイバーフォーミュラ』 ナイト・シューマッハは本当に説教魔か?

30周年の音楽企画「SOUND TOURS」の第三弾で 加賀さんの新キャラソン出ます!!発売は12月23日です! というわけでCF話を。 16話でシューマッハの初説教。 18話ではブーツホルツからハヤトを庇ってリタイヤするも、 動揺するハヤトを叱咤し、レー…

よしながふみ『大奥』その7(6代家亘編)

まだ語ってなかったので、6代目・家亘編の話を。 家亘(いえのぶ)は三代将軍・家光の孫にあたります。 家亘編は彼女がメインではなく、主役は後に「月光院」と呼ばれる側室の左京の方。 物語の序盤では左京は市井で「勝てたら体を好きにしていい」という条…

(小ネタ)『美味しんぼ』に影響されたこと

※政治ネタは省きます。 『美味しんぼ』の原作・アニメに影響されて試してみた黒歴史ことを書いてみます。 共感してくれる人はきっといる……はず。 まずは初期エピソードで有名な「刺身にマヨネーズ」 友人もやったと言ってたので試した人はわりといると思いま…

『特捜戦隊デカレンジャー』姶良鉄幹

先日ヒカル先生の話をしたので一緒にVシネで女装した繋がりで。 姶良鉄幹(あいら てっかん)=通称テツは六人目の追加戦士デカブレイク(白) 白に紺の差し色がキレイ。 「夜明けの刑事! デカブレイク!」 という名乗りの通り、夜明けを意味するデイブレ…

『聖闘士星矢』蠍座のミロ

本日11月8日はミロの誕生日です、めでたい!! リアルタイムだと某栄養補助食品と同じ名前ということで「強い子の~」とネタにされてました。 美川憲一のヒット曲は言うまでもありません。「いいえ私は~♪」 初登場は7巻、アイオリアと共に黄金聖衣を纏…

河惣益巳『火輪(かりん)』その3

前回はリーアン中心に話をざっと解説しましたが、 話のバックボーンに欠かせないのが、竜王剣の三真珠。 竜王の剣の柄に嵌めこまれていた真珠が長い時を経て妖力を持ち、人型になりました。 本来、性別はありませんが「三姉妹」という扱い。上から 凛々しい…

盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』その7(16巻感想)

16巻、本日発売です!! 来年のアニメ化に向けてキャストも発表されましたね。 ドラルク=福山潤さん。ロナルド=古川慎さん。 制作はマッドハウス。 ほぼ一話完結なのでどこから読んでも大丈夫! 改めて解説すると すぐ死んでは蘇る最弱吸血鬼・ドラルク…

手塚治虫『ブラック・ジャック』その2

この作品の偉大なところは医療モノという新ジャンルを生みだしたばかりでなく、 本心を明かさずに悪ぶる男と、本音を代弁する少女のパートナー (=彼女視点からの優しさや私生活から人間味が出る) というB・Jとピノコの関係性も数多の作品に大きな影響を…