昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

浦沢直樹『YAWARA!』その9

慈悟郎「(試合に)勝ったらどこにでも就職するがいい」 一見、折れたかと思わせておいて対戦相手に用意したのはフランス最強の女子大チーム。 三つ葉女子側も相手やら試合の段取りやら何もかも丸投げしたのに 「勝ち抜き戦じゃない!ひどい!」はないだろ………

蛭田達也『新・コータローまかりとおる!』帝真紅郎

オリンピックが熱いので柔道話を。 帝真紅郎(みかど しんくろう)は『新』から登場するキャラの一人。 資産家の御曹司で通称バカボン。 第一柔道部の伊賀くんに過去の試合で負けて以来 彼に執着し、常に盗撮しているストーカーキャラ。 (伊賀くんも知って…

紫堂恭子『東カール・シープホーン村』

『東(エド)カール・シープホーン村』(01~)は、シープホーン村を舞台に、主人公の少女メリーアンの成長を描いた、優しく不思議なファンタジー作品です。 同作者の『辺境警備』と世界観はリンクしていますが、知らなければ知らないで楽しめます。 ちな…

板垣巴留『BEAST COMPREXⅡ』

祝!!板垣巴留先生の新作『SANDA』チャンピオンで連載開始!! 記念に語ります。 1巻収録の短編は『BEASTERS』本編とはあまり関わりはありませんでしたが 2巻ではレゴシと同じアパート「コーポ伏獣」の住人(獣)たちが主役として登場します。 第7話(本巻…

『機界戦隊ゼンカイジャー』その2 

祝!!7月22日より劇場版『セイバー+ゼンカイジャースーパーヒーロー戦記』公開中!! YoutubeでBD特典のおまけ人形劇「ゼンカイ豆劇場」も数話公開中ですよ♪ 今回は前回語れなかったメンバーたちの話を。 ゼンカイジャーのメンバー構成は人間1人+キカイノ…

『蒼穹のファフナー』その6(BEYOND8~9話感想)

8話の続きです。 順番が前後しますが、小総士と美羽の会話で 「~しなきゃいけない」と自らを縛ろうとする美羽に 「フェストゥムっぽい」と言う小総士が印象深い。 使命や義務よりも自分の意志を優先するからこそ、 誰よりも身軽に動けることが示唆されます…

河惣益巳『蜻蛉(せいれい)』その3

この作品はとにかく情報量が多く、様々なキャラと勢力があちこちで動いています。 ・弥夜姫とその一行が旅の途中。(彼女のお付とアマーラ姫、クーラン姫) ・捕らわれていた弥夜姫の父王が解放され、尚和国へ帰国の船旅中。 8巻末で無事尚和国に辿り着き、…

河惣益巳『蜻蛉(せいれい)』その2

第8巻、発売中です!! 久しぶりなので解説すると架空の帝国「虯(キュウ)」を舞台にした壮大な中華風ファンタジー作品です。 大雑把なあらすじは 十年に一度、友好国の王族を招いての会議にやって来た小国・尚和(しょうわ)の弥夜姫は、 皇太子に惚れられ…

浦沢直樹『YAWARA!』その8

このユーゴ世界選手権はケガが治ってからの大事な復帰戦なのに 柔の不調に振り回され心配するジョディが気の毒でならない……。 加賀邦子は松田・柔の間を引っ掻き回すお邪魔虫の役割とはいえ、 仕事意識の低さに今更イラっとします。 むしろ大人になった後の…

浦沢直樹『YAWARA!』その7

祐天寺監督とお祖父ちゃんは柔と富士子さんを西海大学に編入させようとします。 しかし富士子さんは快諾でも柔は旅行会社に就職希望。 父を探す手がかりになると思ったからですがお祖父ちゃんは大反対。 柔が面接に来た会社から電話&パンフレット郵送の会社…

絹田村子『さんすくみ』その2

※後半のネタバレが含まれますので、未読の方はご注意ください。 恋愛フラグをお祓いしてしまった3人でしたが 年が明けてお祓いの効果が切れたためか、恋の気配が……。 物語中盤からは日常話の合間に、成就が前提の恋愛エピソードが入ります。 (それ以前は失…

『ジャッカー電撃隊』その4(ダイヤジャック話)

ビッグワン登場以前の「ジャッカー電撃隊」で目立ってたのは 青に当たるダイヤジャックこと東竜(ひがし りゅう) 元ボクサーで、八百長を嫌がって試合放棄し、渡米。 ラスベガスでハスラーしてたら殺人事件に巻き込まれるなど波乱万丈な人生です。 最初の見…

『勇者指令ダグオン』

『勇者指令ダグオン』(96~)は勇者シリーズ7作目。 宇宙警察機構のブレイブ星人に選ばれた男子高校生・大道寺炎たち5人が勇者「ダグオン」となって 地球を侵略しに来た宇宙人の脱獄囚、サルガッソ囚人たちと戦うロボットアニメです。 97年にはOVAも…

松井優征『暗殺教室』その2

明らかに化け物の教師を隙あらば殺しにかかる生徒という異常な教室が成立するためには、 当然人目につきにくい場所が必要です。 そして生徒を即席の殺し屋にされても学校側は受け入れるし、生徒も了承せざるを得ない状況。 それが「学校公認で見下していい落…

松井優征『暗殺教室』その1

『暗殺教室』(12~)は架空の中学・椚ケ丘中学校を舞台に突如現れ、担任教師となった謎の生物「殺せんせー」と 彼の暗殺指令を受けて「殺し屋」となった3年E組の生徒たちとの攻防と交流を描いた学園青春アクションもの。 15、16年にTVアニメ化さ…

アミュー『この音とまれ!』その5

改めて全国を目指すことを決意した7人は大会に向けて夏合宿を開始。 しかし今一つリズム感が悪く、妃呂に怒られてばかりの光太は 自分を足手まといと思い込み……。 (詳細はあえて言いませんが青春だなぁ……) しかしそれも乗り越えて遂に関東邦楽祭。 ライバ…

アミュー『この音とまれ!』その4

妃呂も加わって団結した7人はテストも乗り越えてほのぼのムード。 顧問の滝浪先生の下の名前が「涼香」と知って 愛「……女だったのかお前……」 滝浪「チカちゃんて本当アホの子なんだな」 すごいブーメランを見た……。 なかなか曲者な先生ですがこの頃は「やる…

大西巷一『乙女戦争外伝Ⅱ 火を継ぐ者たち』その2(下巻感想)

下巻、本日発売です!! 詳細はボカしますがネタバレにはご注意ください。 久々なので解説しますと15世紀チェコの宗教戦争を描いた『乙女戦争』のその後、ハンガリーで起きた内乱と対オスマン帝国との戦い。 主人公クラーラは前作の主人公シャールカの娘。現…

『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』

『仮面ライダーグリス』(19~)はVシネマ『仮面ライダークローズ』の続編。 感想を一言でいうと カズミンが最高にカッコ良くて気持ちわるい。 冒頭はTV本編でのカズミンの嘘ナレーション「ドルオタ、推しとつきあうってよ」が実現した体で始まります。 キ…

『機動戦士ガンダムZZ』その10(32話+小ネタ)

サブタイトルは「塩の湖を越えて」 大雑把に説明するとガンダムチームがアーガマと合流を果たす話。 そうスムーズにいくわけもなく、合流を阻止すべくオウギュスト・ギダンが動き出します。 作中の役割はハマーンから派遣されたグレミーのお目付け役。 メタ…

中村充志『AGRAVITY BOYS』その7(7巻感想)

遂に7巻で完結……!! ネタバレに触れないわけにはいかないのでご注意ください。 ネタバレ:地球は救われた。あと下ネタが大爆発。 最終巻に相応しい壮大なスケールでしたね。 本巻ではあるきっかけからグリスロウが「能力」に覚醒。 皆もそれに続き、その理論…

中村充志『AGRAVITY BOYS』その6(6巻感想)

第6巻・第7巻同時発売中です!! 記念に語ります。まずは6巻から。 詳細はボカしますがネタバレにはご注意ください。 冒頭は特別編でラジオパーソナリティやってるサガとクリス。 質問ハガキは読者からのファンレターらしく サガ「クリス君の乳首はいつ見せ…

『特捜戦隊デカレンジャー』江成仙一

本日7月7日はデカグリーン、江成仙一役・伊藤陽祐さんのお誕生日です、めでたい!! というわけでセンちゃんの話を。 デカレンの名前の法則はミステリ作家+お茶なので 江成仙一(えなり せんいち)→エラリー・クィーン+煎茶。 普段は優しく穏やかな呑気す…

三条陸・芝田優作『勇者アバンと獄炎の魔王』その2

第二巻、発売中です!! というわけで2巻感想を。 詳細はボカしますが、ネタバレにご注意ください。 中扉の子供時代ヒュンケルの無邪気な笑顔が尊い……。 後ろでバルトス父さんが見守ってるのも含めて切なくもありがたいシーンです。 本編の途中で気づいたけど…

浦沢直樹『YAWARA!』その6

柔が団体戦に出ると知ったさやかさんは自分も参戦。 頭数さえ揃えばいいと、「家同士の古いつき合い」のお嬢様4人を集めます。 ストーリー上、さやかさんが5人抜きしていく流れなので戦力になるような新キャラではなく、 むしろ足手まといかつ、さやかさん…

浦沢直樹『YAWARA!』その5

ソウルオリンピック直後、慈悟郎お祖父ちゃんの一言から 「5才の時に自分が父を投げ飛ばしたから、家族がめちゃくちゃになったんだ」 そう思い込んだ柔は柔道をやめると決意。 やっと怪我も治って、結婚式で浮かれてるジョディにいきなりそんなこと言うの気…

松井優征『逃げ上手の若君』その2

松井作品といえば狂気全開のキャラクターたちと、シリアスに挟まるシュールなギャグ描写。 時行の導き手であり諏訪神社の神官・諏訪頼重(すわ よりしげ)もとんでもないキャラです。 未来が見え、神光で輝く謎の男。 (なお光量は調節できる) 彼が「未来で…

松井優征『逃げ上手の若君』その1

第一巻、本日発売です!! 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 ネタバレ:1333年足利尊氏により鎌倉幕府滅亡 サブタイにも毎回入るので、日本史のテストでそこだけは間違えませんね……! 『逃げ上手の若君』(21~)は滅亡した鎌倉幕府の遺児…

アミュー『この音とまれ!』その3

新入部員の来栖妃呂(くるす ひろ)の目的は6人の団結を壊すこと。 そのやり口は陰湿で 例:足を引っ張ってると内心思ってる3バカと親しげに会話しながら 妃呂「だってさっき二人になったとき(さとわが)言ってたもん 低いレベルに合わせるのは大変だーっ…

絹田村子『さんすくみ』

『さんすくみ』(10~)は宮司の一人息子・恭太郎と寺の長男・孝仁(たかひと)、牧師の長男の工(たくみ)の三人を主人公にした日常ドタバタコメディもの。 三人は同い年の24歳。 恭太郎は気弱で、強烈な母親に頭が上がらず。 トラブルにみまわれがちな…