昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

少年漫画

西修『魔入りました!入間くん』その8

アニメは二話まで放送され、カルエゴ先生が無事に使い魔になりました。 サブノックくんがブエル先生に戦いを挑んだことが校内新聞に載ってたり、 ケロリの親指を包み込む手のクセや、モモノキ先生がカルエゴ先生にひそかに思いを寄せている描写など 後々に出…

板垣巴留『BEASTERS』

本日からTVアニメ始まりますよー!コミックス15巻も発売中! 『BEASTERS』(ビースターズ 16~)は肉食獣と草食獣が共存し、人間のように学校に通い、社会生活を送る世界を主人公のハイイロオオカミ・レゴシを中心に描く風変りなファンタジー作品です…

西修『魔入りました!入間くん』その7

本日コミックス13巻発売!!まさかの二か月連続……!記念に語ります。今回も面白いですよ!! アニメも先日第一話が放送されましたね。 物騒な歌詞の校歌が長めに流れたり、 アメリ会長や生徒会メンバー、クラスメイトになるキャラや教師たち、後に合コンで…

荒木飛呂彦『バオー来訪者』

『バオー来訪者』(84~)は無敵の生物兵器・寄生虫バオーを体に宿した少年、橋沢育朗とバオーを創り出した秘密機関「ドレス」との戦いを描くアクション漫画です。 89年にOVA化しました。 そいつに触れることは死を意味する! 最初の一コマ目の台詞か…

諌山創『進撃の巨人』その3 

緊迫した状況が続く作品だけに、時折挟まれるギャグの落差がとんでもない破壊力を生んでいるのも特徴の一つ。 今回は作中のギャグについて語ります。 初期だとアニに説教しようとライナーがエレンをけしかけるも文字通り一蹴され、 次はライナーが「……兵士に…

巻来巧士『メタルK』

『メタルK』(86~)は両親を殺され、自分も火をつけられて全てを奪われた少女・冥神慶子(みょうじん けいこ)が自らをサイボーグ化し、全身凶器となって復讐を果たそうとする物語です。 ※作ったのは伊郷瑠(イゴール)という慶子の父親に恩義のある、忠…

諌山創『進撃の巨人』その2

ウォール・マリアが巨人に襲撃されて5年後、人々が撤退したウォール・ローゼにも巨人が出現します。 エレンたち訓練兵にも出撃命令が出て、巨人と再会&立ち向かうことに。 巨人に喰われそうになるアルミンを救って今度はエレンが巨人の口の中へ……。 この時…

諌山創『進撃の巨人』その1

『進撃の巨人』(09~)は中世ドイツ風の髙い壁に囲まれた架空の世界を舞台に謎の人喰い巨人と人類の戦いを描く壮大なダークファンタジー。 主人公はエレンですが、多くのキャラが様々な思惑で動く群像劇でもあります。 13年にアニメ化、その他ゲーム、…

武井宏之『仏ゾーン』

『仏ゾーン』(ぶつゾーン 97年)は現代日本を舞台に、仏像から人の姿になった千手観音のセンジュが、仲間の仏たちと共に弥勒菩薩の生まれ変わりの少女サチを護り仏敵・魔羅(マーラ)と戦いながら旅をするお話です。 「仏ゾーン」は地上で活動するため仏…

『聖闘士星矢』アンドロメダ瞬

本日9月9日はアンドロメダ瞬の誕生日です。めでたい!! というわけで瞬ちゃんの話を。 登場したての頃は河井さんや霧風のような女顔でもクールな雰囲気でしたが 兄の一輝登場後は「泣き虫」「ブラコン」属性がつきます。 (それに合わせて、増版後のコミ…

西修『魔入りました!入間くん』その6

『入間くん』はタイトル通り入間くんとそのクラスメイトたち周辺の絆と成長に重点が置かれますが、 作中の謎兼伏線として「消失の魔王デルキラ」の存在があります。 デルキラはサブノックくんの憧れの存在であり、 入間くんたち問題児クラスが使っている教室…

西修『魔入りました!入間くん』その5

現在12巻発売中!アニメは10月5日(土)からEテレで放送です! 前巻で入間くんたち問題児クラスは“二年生になるまでに位階「4」に昇級すること”という学校からの指令を受けます。 できなければ折角勝ち取った「王の教室」(ロイヤル・ワン)を追われ…

隆慶一郎 原哲夫『花の慶次-雲のかなたにー』その3

加賀を出た慶次は京都へ向かい、千利休や秀吉、直江兼続、石田三成など歴史上の大物たちと出会います。 どんな創作物であれ、実在した偉人・有名人を登場させ、主人公はすごいと言わせれば作中での主人公の格は上がります。 しかしこの作品の素晴らしいとこ…

みさき速『特攻天女』その3

夏になると『特攻天女』の夏休みエピソードを思い出します。 シリアスが続いた後の箸休めにどこかへ遊びに行ったり、短編のギャグ回があるのは連載漫画のお約束ですが、 実は9~12巻まで夏休みです。 (9巻序盤まで「族狩り」編でだいぶ重い話だったから…

藤田和日郎『からくりサーカス』その2

この作品は勝と鳴海が交互に主人公として描かれる構成になっています。 (二人は傍観者の立場で別人の回想シーンに入ることも) 鳴海は頑ななしろがねに反発することもたびたびでしたがかなり早い段階で恋愛フラグ立ってますよね。 「あんな こ憎らしい女な…

藤田和日郎『からくりサーカス』その1

『からくりサーカス』(97~)は奇病・ゾナハ病をバラまく自動人形(オートマータ)たちと、 彼らを破壊しようとする銀髪銀目の人形使い「しろがね」との戦いを描く熱く壮大なアクション漫画です。 18年にアニメ化しました。 序盤は父の莫大な遺産を受け…

『聖闘士星矢』アスガルド編 その2

アスガルド編では星矢たちはヒルダが操られているだけとわかっているので神闘士を説得しようとします。 しかし神闘士側はヒルダへの忠誠や愛、悲しい過去などを背負っているため話を聞いてくれません。 そのため切ない結末を迎えるエピソードが多かったので…

宇野比呂士『天空の覇者Z』その3

この物語の魅力は超絶画力で描かれる世界を股にかけるスケールの大きさとド迫力、戦いのバリエーションの多さ。 1:Zと追っ手の空中戦艦同士の戦い 対G(ゲー)、聖なる道(ヴィア・サクラ)、ゴグマゴグ、Y(イプシロン)、M(ミレニアム)戦があり、 …

三条陸・稲田浩司『ダイの大冒険』その2

『ドライブ』の話をすると、三条さん繋がりでダイ大を思い出します。 ハートが進ノ介と正々堂々、真っ向勝負するタイプだったので決着がつく時は ハドラー「我が全身全霊ッ!!!破れたりっ!!!」なノリかも……と思ってました。 全然違いましたが、敵であっ…

盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』その3

吸血鬼側だけでなく、人間側も魅力的なキャラは沢山います。 吸血鬼対策課(略して吸対)所属、人間と吸血鬼のハーフ=ダンピールの半田くんはロナルドの高校時代の同級生。 当時からライバル視してましたが、大好きな母親がロナルドの書いた自伝のファンに…

盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』その2

本日13巻発売!!記念に語ります。 久々なので改めて説明すると、些細なことですぐ死んでしまう不死身の吸血鬼ドラルクと 退治に来たはずが同居する羽目になった吸血鬼ハンター・ロナウドとのドタバタコメディです。ボケツッコミが秀逸。 ドラルクの使い魔…

高橋よしひろ『銀牙 流れ星銀』その6

銀たちが赤カブトを倒したという情報は富士の樹海に棲む狼たちのもとまで届いていました。(ツッ込まずに流してください) 「絶・天狼抜刀牙」を使った犬を探せという指令を受け、狼たちが動き出します。 故郷に戻った四国のビルや北海道の白狼たちが襲われ…

聖闘士星矢 アスガルド編 その1

アスガルド編は、北欧神話をモチーフにした敵キャラ・神闘士(ゴッドウォーリアー)と戦うアニメ版のオリジナルストーリーです。 北欧編とも言います。74~99話まで。 原作に追いついてしまったため、12宮編とポセイドン編の間に挟まれました。 ここか…

大場つぐみ 小畑健『DEATH NOTE』その2

この作品最大のヒットの理由は月とLの頭脳対決と関係性でしょう。 Lは1巻では人前に姿を見せず、2巻から月の父・夜神総一郎が指揮を執る捜査本部の前に顔を出します。 ひょろっとした体つき、ハイライトのない死んだような目、ボサボサの髪、親指がいつ…

大場つぐみ 小畑健『DEATH NOTE』その1

『DETHE NOTE』(03~)は「名前を書かれた相手は死ぬ」死神のノートを拾った主人公夜神月(やがみ らいと)と、彼の歪んだ正義を阻もうとする探偵L(エル)側との推理合戦を描いた作品です。 06年に実写映画化、テレビアニメ化、テレビドラマや舞台に…

宇野比呂士『天空の覇者Z』その2

圧倒的スケールで世界を股にかける『Z』はキャラクターもまた魅力的。 主人公・天馬は普段はぼんやりしてますが、スイッチが入ると剣士らしくなります。 1巻の、加速する天馬の飛行機が音を追い越し透明な刃のように敵機を切り払う場面は何度見ても鳥肌モ…

宇野比呂士『天空の覇者Z』その1

『天空の覇者Z(ツェット)』(97~)は1933年のヨーロッパを主な舞台に、飛行機乗りの剣士・竜崎天馬がナチスドイツの秘密兵器・巨大空中戦艦「Z」の強奪騒ぎに巻き込まれたことから反ナチス同盟に加わり、真のヒトラーと戦う冒険活劇モノです。 序…

隆慶一郎 原哲夫『花の慶次ー雲のかなたにー』その2

前回語った通り、人として武将としての魅力に溢れた慶次ですが、 養父前田利久が弟・利家に前田家の家督を奪われたため生涯日陰の身という悲哀の設定もよりキャラを引きたてます。 そのため前田利家が悪役として登場しますが家督を奪った後ろめたさや嫉妬心…

隆慶一郎 原哲夫『花の慶次ー雲のかなたにー』その1

『花の慶次』(90~)は戦国武将で「傾奇者」として名を馳せた前田慶次を主人公にした時代劇アクション漫画です。 原作は隆慶一郎の時代小説『一夢庵風流記』 この作品の前田慶次は黒王号を思わせる巨大な馬「松風」にまたがり、でかい鉄の傘や朱槍を携え…

高橋よしひろ『銀牙 流れ星銀』その5(小ネタ)

戦闘シーンが連続する『銀牙』ですが緩急の「緩」に当たるギャグシーンや微笑ましいシーンも結構あります。 クロスと子供たちは和みですね。 彼女たちをどう扱うかで、新キャラ(特に敵)がどんな性格なのか読者にわかりやすく伝える役割も担っていました。 …