昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

マンガ単体語り

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』その9(23巻感想)

最終巻、本日発売です!!沢山の加筆ページがありますよ!! 記念に語ります。 詳細はぼかしますが、ネタバレにはご注意下さい。 遂に無惨を追い詰めた隊士たち。夜明けまで逃がさなければ倒せる……!!と奮闘します。 遂に無惨を倒しましたが、柱たちが次々と……。 …

『聖闘士星矢』射手座のアイオロス

本日11月30日は射手座のアイオロスの誕生日です。めでたい!! というわけでロス兄さんの話を。 享年14歳なのに、20歳のアイオリアより背が高い……。(2センチ差。でも体重は一緒) 大雑把に説明するとアイオリアの兄で本編開始時には既に死亡してい…

『鬼滅の刃』不死川実弥その1

本日11月29日は風柱、不死川実弥(しなずがわ さねみ)の誕生日です。めでたい!! というわけで実弥話を。ちなみに21歳です。 顔も体もキズだらけで凶悪な目つきで背中に「殺」の一文字を背負った身長179センチの(当時としては)大男。 初登場は…

『吸血鬼すぐ死ぬ』その8 ドラルク

本日11月28日はドラルクの誕生日ですめでたい!! というわけでドラちゃん話を。ちなみに208歳児。 大雑把に解説するとすぐに死んで砂になってしまうが不死身なので即座に蘇るという 弱いんだかすごいんだかよくわからない吸血鬼。 死ぬとオチがつく…

河惣益巳『火輪(かりん)』その4

この物語は中華ファンタジー(風味)なので、お馴染みの青竜・朱雀・白虎・玄武の四神将が登場します。 玄武は本当に亀のお爺ちゃんでしたが、 後に力の証をリーアンに譲って老衰で亡くなります。 青竜はリーアンの養父にして剣の師匠・敖広(アオコァン) …

『ゴールデンカムイ』その10(公式ファンブック感想)

公式ファンブック「探究者たちの記録」発売中です!! ネタバレしない程度に感想を。 ・カラーイラストは表紙だけでなく特典のポスターや色紙、御礼イラストなども収録されてます。ありがたやありがたや。 (主題歌を歌った)MAN WITH AMISSIONとのコラボ表…

荒川弘『鋼の錬金術師』その2

前回も書きましたが、リアルタイムでコミケの女性向けスペースを大混雑させた最大の原因はマスタング大佐でした(断言) 炎属性で強くて頼もしい、お茶目な一面もある主人公の兄貴分って人気出るに決まってるだろ!! (煉獄さんを見ながら) 作中きってのイ…

荒川弘『鋼の錬金術師』その1

『鋼の錬金術師』(01~)は鋼鉄の義手と義足から「鋼の錬金術師」の呼び名を持つ主人公の少年エドワード・エルリックが、 肉体を失って魂のみが鎧に定着している弟アルフォンスを元に戻すことのできる「賢者の石」を求めて兄弟で旅をするうちに国家規模の…

獣木野生『PALM』シリーズその4

コミックスだと時系列がバラバラなのでちょっと解説すると 0巻「お豆の半分」はカーター、ジェームス、アンディをはじめとするメインキャラが既に揃った状態。 「PALM」のキャラや世界観、雰囲気がよくわかります。 ジェームスが乗り合わせた飛行機がハイジ…

和月伸宏『武装錬金』その2

本作を知る人は、まずその名を真っ先に思い浮かべる強烈なキャラパピヨン=蝶野攻爵。 あんな変な仮面と格好で初期ボス→ライバル兼作品に欠かせない大人気の重要キャラって 今更ながらすごい話だ……。 醜いイモムシ時代を経て、華麗な姿に変わって空を飛ぶ生…

和月伸宏『武装錬金』その1

『武装錬金』(03~)は普通の高校生だった武藤カズキが錬金術を使って戦う「錬金の戦士」となり、ヒロインの津村斗貴子と共に人間を喰らうホムンクルスの集団と戦うアクション漫画。 06年にアニメ化しました。主題歌『真赤な誓い』は神曲。 冒頭、カズ…

小山愛子『舞妓さんちのまかないさん』

『舞妓さんちのまかないさん』(17~)は文字通り舞妓さんにご飯を作る「まかないさん」の少女・キヨを中心にしたほっこり日常食べ物マンガ。 勿論舞台は京都。キヨも舞妓さんたちも「屋形」と呼ばれるおうちで共同生活をしています。 最初はキヨも舞妓さ…

遠藤達哉『SPY×FAMILY』

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー19~)は、凄腕スパイの父親と殺し屋の母、超能力者の娘がとある事情から「家族」として全員が秘密を隠して暮らしていくコミカルなドタバタ(ブラック)日常コメディーもの。 突飛な設定ですが「疑似家族が様々な事件や出…

よしながふみ『大奥』その7(6代家亘編)

まだ語ってなかったので、6代目・家亘編の話を。 家亘(いえのぶ)は三代将軍・家光の孫にあたります。 家亘編は彼女がメインではなく、主役は後に「月光院」と呼ばれる側室の左京の方。 物語の序盤では左京は市井で「勝てたら体を好きにしていい」という条…

(小ネタ)『美味しんぼ』に影響されたこと

※政治ネタは省きます。 『美味しんぼ』の原作・アニメに影響されて試してみた黒歴史ことを書いてみます。 共感してくれる人はきっといる……はず。 まずは初期エピソードで有名な「刺身にマヨネーズ」 友人もやったと言ってたので試した人はわりといると思いま…

『聖闘士星矢』蠍座のミロ

本日11月8日はミロの誕生日です、めでたい!! リアルタイムだと某栄養補助食品と同じ名前ということで「強い子の~」とネタにされてました。 美川憲一のヒット曲は言うまでもありません。「いいえ私は~♪」 初登場は7巻、アイオリアと共に黄金聖衣を纏…

河惣益巳『火輪(かりん)』その3

前回はリーアン中心に話をざっと解説しましたが、 話のバックボーンに欠かせないのが、竜王剣の三真珠。 竜王の剣の柄に嵌めこまれていた真珠が長い時を経て妖力を持ち、人型になりました。 本来、性別はありませんが「三姉妹」という扱い。上から 凛々しい…

盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』その7(16巻感想)

16巻、本日発売です!! 来年のアニメ化に向けてキャストも発表されましたね。 ドラルク=福山潤さん。ロナルド=古川慎さん。 制作はマッドハウス。 ほぼ一話完結なのでどこから読んでも大丈夫! 改めて解説すると すぐ死んでは蘇る最弱吸血鬼・ドラルク…

手塚治虫『ブラック・ジャック』その2

この作品の偉大なところは医療モノという新ジャンルを生みだしたばかりでなく、 本心を明かさずに悪ぶる男と、本音を代弁する少女のパートナー (=彼女視点からの優しさや私生活から人間味が出る) というB・Jとピノコの関係性も数多の作品に大きな影響を…

手塚治虫『ブラック・ジャック』その1

『ブラック・ジャック』(73~)は無免許医で法外な報酬をふっかけるが患者は必ず治す天才ドクター、通称ブラック・ジャックが主人公の医療ヒューマンドラマです。 略称は「B・J」 93年に出崎統監督のOVAシリーズ、04年、06にTVアニメ化、劇場ア…

『鬼滅の刃』宇随天元

本日10月31日は音柱・宇随天元さんの誕生日ですめでたい!! というわけで宇随さん話。ちなみに23歳です。 初登場は6巻、やたらと派手派手言ってる変な人という印象でした。 再登場した時は蝶屋敷の女の子をしのぶに無断で連れ去ろうとするし、 身代…

雁屋哲原作・花咲アキラ画『美味しんぼ』その2

初期山岡士郎は荒んだ雰囲気があり、海原雄山も傲慢極まる態度で周囲に罵詈雑言を繰り返していました。 雄山「女将を呼べッ!」 は、あまりに強烈すぎて、今なおネタにされるほど。 今ならモンスタークレーマー扱いで連日炎上しそうですが 当時はパワハラ、…

雁屋哲原作・花咲アキラ画『美味しんぼ』その1

『美味しんぼ』(おいしんぼ 83~)は、東西新聞のグータラ社員・山岡史郎と新入社員の栗田ゆう子が東西新聞の創立百周年の企画「究極のメニュー」作りに選ばれ、様々な食や、それに関わる人々との出会いを描いた物語です。 ※政治ネタも多い作品ですが、あ…

日丸屋秀和『ヘタリア』その3

祝!!2021春 『ヘタリアWorld Stars』アニメ化!! 念のため解説すると、国を擬人化したほのぼのギャグ漫画。 ※『ヘタリア』は色んなサブタイトルついてますが、今回のはジャンプ+で連載してた分です。 主人公はヘタレで女好きのイタリア、 堅物で軍人…

篠原千絵『夢の雫、黄金の鳥籠』その3

ヒュッレムの生んだメフメトが自分の子か皇帝の子かとイブラヒムが苦悩する中、ヒュッレムは皇女ミフリマーを出産。 イブラヒムはミフリマーを抱き上げても、メフメトには額づいただけで触れませんでした。 自分の子の可能性があるメフメトの後見はできない…

曽田正人『め組の大吾』その3

祝!新作!! 月刊マガジン11号にて新人消防士、十朱大吾(とあけ だいご)を主人公にした新作 『め組の大吾 救国のオレンジ』が連載開始!! というわけで久々に語ります。 天性のカンで最適解を引き当てる危なっかしい主人公「大吾」が消防士なのは共通…

帆(ほ)『クマとカラス』

『クマとカラス』(19~)は山の中で一人ぼっちだったクマと都会から迷い出たカラスが出会い、クマの仲間を探して旅をする不思議な雰囲気の泣けるお話です。 前作『クマとたぬき』は山の中の四季を描いたほっこり日常4コマでしたが今作はストーリーマンガ…

『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎その3

ジャンプ45・46号では前後編で煉獄さんの外伝が掲載されました。 ネタバレしない程度にボカして語りますが、一応ご注意ください。 感想:甘露寺さんと煉獄さん&千寿郎くんの癒しオーラすごい。 春の陽だまりにいるようなほっこり感……。 ただしボケ揃い…

河惣益巳『火輪(かりん)』その2

このお話はかなり情報量が多いのですが、大まかに3つの骨子があります。 ・リーアンが様々な人と出会い、成長し、そのルーツを知るエピソード。 疑似親子のような竜王・敖広との関係。 助けられてばかりでなく、後半ではリーアンが彼のために戦います。 仙…

河惣益巳『火輪(かりん)』その1

『火輪』(92~)は架空の中国風王朝「華」と仙界、神界を舞台に繰り広げられる動乱と愛憎劇を 主人公の少年、リーアンを中心に描いた中華風ファンタジー作品です。 ※難解な漢字名の多い作品なので時々カタカナで表記します。 リーアンは心優しい白真珠の…