昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

美内すずえ『聖アリス帝国』

『聖(セント)アリス帝国』(76年~)は
主人公・花木桃子の視点で特殊な高校
「聖アリス学園」を描いた作品です。

桃子自身は“元気だけど普通の子”
くらいのキャラですが、
周りのキャラや学校の設定が猛烈に濃い。

・別名「女王陛下」と呼ばれる生徒会長。

・「貴族」と呼ばれる特権階級が他の
一般生徒たちより露骨に優遇される。

・それに反発し「貴族」だけを相手に盗みを働く
仮面に黒マントの「怪盗ゼロ」が生徒たちに大人気。

・同じく「貴族」の部活に殴り込んでは
優勝カップなどを奪っていく「海賊キッド」

現代日本の高校の話です。

教師よりも権力のある生徒会に
教師より厳しい風紀委員、

特ダネを狙って学校をうろつく新聞部、

「~じゃよ」なんて語尾であだ名は「おばば」
占いの達人なんていう無駄にキャラ立ちした生徒、

反抗的な生徒は地下牢で拷問、

演劇部の美人部長「薫の君」が靴箱を開けると
ラブレターが雪崩のように落ちてくる……。

このザ・昭和な感じ、もはや愛おしいと言うほかない!!

この話のメインは怪盗ゼロで、彼の正体や秘密
桃子との恋愛フラグなどが描かれますが、
私のお気に入りは「海賊キッド」

ガラスの仮面の速水さんや桜小路くん
『妖鬼妃伝』の九曜さんなど、

美内作品の男性キャラは
物静かとか、大人しいタイプが多いのに、
キッドは珍しくワイルドな二枚目です。

常に眼帯、シャツは思い切り前を開け、
首にスカーフを巻いてフェンシングの剣を持ち、
子分たちから「頭(かしら)」と呼ばれてる。

勿論キッドの方でも「やろうども!」ですよ。

数年後に床を転げまわりそうなほどいい感じに
こじらせてますね!

ちなみに本名は木戸次郎です。

全四話なんですが、伏線をたっぷり残して終わってます。
もっと読みたかったな……。

 

この作品発表時、既にガラスの仮面
連載がはじまっています。

ツッコミどころ満載なのに、読者を強引に引き込む
強烈なエネルギーの塊ですよね、昭和のマンガって。