昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

『仮面ライダー555』 

今日9月13日は、みんな大好きカイザの日!
というわけで555(ファイズ)を語ります。

仮面ライダー555』平成ライダー4作目の
仮面ライダーです。

大雑把に説明すると「オルフェノク」と呼ばれる
普段は人間の姿で世に潜む怪物が人類を滅ぼそうとし、

それを倒せるベルト「ファイズ」「カイザ」
「デルタ」の三つで変身して戦う
仮面ライダーのお話です。

主人公、乾巧はひょんなことから
ヒロイン・真理と出会い、彼女が持っていた
ドライバー(変身ベルト)を手にしてファイズになります。

無愛想でぶっきらぼうで、誰よりも優しいけど
不器用な巧が

「俺には夢がない。でもな、夢を守ることはできる」

次第にヒーローとして成長していくのですが

二号ライダーにあたる「カイザ」のドライバー使用者・
草加雅人が実に曲者。

一見人当りもよく、人類を護ろうとする
強い信念の持ち主で、真理を一途に想っている。

 

ただし裏の顔があって、

「俺を好きにならない奴は邪魔なんだよ!」
の名台詞通り、口下手な巧は陥れられてしまうのでした。

更に、オルフェノクながら分かり合えるかも、と
いう方向になっていた木場勇治をファイズ
なりすまして襲い、巧との絆を壊してしまいます。

ドライバーが奪い奪われ行き来するため、
変身解除を見るまで、中身が誰かわからないという
この作品ならではのエピソードです。


そもそも何故、巧がファイズに変身できたのか?

実は彼がオルフェノクだったからという
衝撃の事実も明かされます。

確かに、自分のことを語りたがらず
どこか投げやりだったのはそういうことか……!
と納得したシーンでもありました。

あと犬科も猫舌だし!

正義のヒーローでありながら化物でもある乾巧。

同じくヒーローでありながら、相反する一面を持ち
それでいてどこか憎めない男・草加雅人。

今なお愛され続ける二人が参戦する
仮面ライダージオウ5・6話が
今から楽しみでなりません。

海堂や木場など、他の魅力的なキャラの
話はまた次回。