昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

椿いづみ『月刊少女野崎くん』その15(15巻感想5)

15巻では結月兄、
遼介さんに彼女が
できたという理由で

千代ちゃん、鹿島くん、
結月による二度目の
女子会が瀬尾家で開催。

(1回目は9巻)

この3人だと鹿島くんが
「みんなの憧れの王子」
じゃなくて

対等な友達関係になるので
そういう意味でも女子会回
好きです。

3人できゃっきゃしてる
のも可愛い。

今回の女子会は
遼介さんも強制参加。

3人が女子会=恋バナ必須と
いうイメージを抱いてる
のは伏線。

話を聞きたいと言われて

遼介さんは大学受験か
進学のことかと思って
語りはじめますが

彼女との恋バナと思い込んだ
千代ちゃんとアンジャッシュ
コントのように……。

(すれ違いに気づいても
あえて訂正しない結月
&鹿島くん)

彼女の話をするなら本人に
許可を取った方がいいだろうと
メールしたり、

返事が来るまで都さんの
顔が映ってる写真を見せない
遼介さんの律義さよ……。

しかしこれではアイドルの
「匂わせ写真」だとツッ込まれ
ます。

やっと来た都さんの返事から
「匂わせ写真対決」開始。

返信が遅かったのは
説明をマンガで描いてた
からですが

遼介(俺だけの為に 
この漫画
描いてくれたのか!?)

素直に喜んでる遼介さんと
事情を知らない鹿島くんの
温度差が面白い。

鹿島「大丈夫ですか……?
それ本当に遼介さんの
彼女ですか……?」

これをきっかけに若松くん、
堀先輩、野崎くんも巻き込んで
ある企画が展開します。

実の兄より結月の
週末の予定に詳しい
若松くん……。

野崎くんの脳内の
結月兄のイメージが
ガラ悪すぎぃ!

野崎くんは結月を
何だと思ってるの……?

最終的には2人がうっかり
野崎くんの話題を振って
しまい

千代「野崎くんはねっ」

(戦慄する二人)

以下、野崎くん話三時間耐久
レースになったオチ。

女子会=恋バナという
伏線は回収されたので
めでたしめでたし……?

巻末の夏休みスペシャルは
千代ちゃん弟、十和(とわ)
くんの話。

弟が野崎くんと既に仲良く
なってることに気づいたら

千代ちゃんはどんな
反応するんだろう?

(野崎くんは姉弟とは知らない)

続きます。