昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

『仮面ライダードライブ』詩島剛

1月12日は仮面ライダーマッハこと
詩島剛役、稲葉友さんのお誕生日です
めでたい!!

というわけで剛(ごう)の話を。

初登場は12話。ヒロインの霧子が
「海外にいた弟が急に帰ってきて
一緒に暮らすことになった」
というわけで今日は(準備のため)有給だと
前振りがされます。

霧子の私服姿やいつもと違う髪型、
自宅が見れる貴重な回でもある。

その頃進ノ介は追田警部補と捜査中。その際
謎の青年(=剛)に勝手に写真を撮られます。

「どっちが犯人に辿り着くか競争しよう」と
持ちかけながら、犯人のロイミュードの写真を既に
撮ってるとか、

親しげだけど油断ならない言動を繰り返す剛。

進ノ介に捜査に関わると危険だと言われて
「危険?大好物だね」

挙句の果てには霧子と進ノ介の前で
ステージ上で火柱上げて名乗ります。

「追跡 撲滅 いずれも…マッハ!
仮面ライダー~~マッハ~~~~!!」
(ポーズつき)

テーマ曲「Full throttle」が流れる中
やりたい放題に暴れます。

(しかし倒したロイミュード
メディックが回収してしまう)

「お楽しみはオレからだ」

「いい絵だったでしょ?」

ノリノリの決め台詞や演出、決めポーズが多い
剛ですが、おどけたキャラを演じつつも
深い闇を抱えている子だったりします。

その原因は父親・蛮野天十郎にありました。

同じ姉弟でも、霧子と蛮野の間は断絶していて
何の期待も思い入れもない感じでしたね。

早いうちに父親を見限った霧子と
どこかに期待があったからこそ騙された
剛との違いでしょうか……。

剛に関してはまた後日。

先日、円盤が発売された劇場版仮面ライダー
ジオウ「Over Quartzer」にも剛が登場します。

剛とクリムの幻とがクジゴジ堂で
並んで座ってソウゴたちを待ってる
絵面にじわじわきます。

平成生まれという理由でブラックホール
飛ばされそうになり、織田信長に仕えてた
忍者を重しにしたと書くとわけがわかりませんね。

ジオウ本編ゲストはチェイス、劇場版では剛と
またすれ違ってしまった……。

ドラマCD「ドライブサーガ」仮面ライダーマッハ 夢想伝

ドラマCD「ドライブサーガ」仮面ライダーマッハ 夢想伝