昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

菅野文『薔薇王の葬列』

先日10巻が出たので、ちょっと紹介しておきます。

『薔薇王の葬列』は今現在プリンセスで連載中の
英国のバラ戦争時代を描いた歴史ものです。

主人公はヨーク家の三男リチャード
シェイクスピア『リチャード3世』でおなじみの
あの人です。

シェイクスピアでは残忍な性格のせむしの小男ですが、
こちらは少女漫画の主人公なので、
黒髪オッドアイの片目を隠した中性的な美形です。

彼は両性具有のため、母親からは常に悪魔と
罵られて育ちました。

父親だけが彼を子供として愛してくれたので、
その父の願いである王冠に執着します。

(兄二人はリチャードの体のことは知らない)

戦争や策謀のシーンも多いのですが、
少女漫画の花はやはり恋愛。

後に妻となるアンの一途な想い。

褐色の肌の忠臣、ケイツビー。

敵であるランカスター家の王子エドワードが、
リチャードの胸を見て、女だと思って惚れてしまったり、

敵であり、父の仇のランカスターの王、ヘンリー6世と
知らずに出会い、友達から恋愛感情へ。

更には生意気な少年だったバッキンガム公が、
長身の腹黒メガネキャラに成長して迫ってくる……。

こう書くと乙女ゲーみたいですね。
いや乙女ゲーが少女漫画テンプレなんだけども。

私の推しはランカスターのエドワードですが、
長くなるのでそれはまた別の機会に。

やはり少女漫画は美しさが大事!
そう思わせてくれる素敵な漫画です。