昭和の話がしたいんだ

昭和大好き団塊ジュニアの主に70~80年代漫画・アニメ・特撮語り

漫画

井上まい『大丈夫倶楽部』その9(4巻感想4)

話の途中で、家じゅうに響く大きな音が。 メガネを外したゲンローさんが窓が外れる勢いで人を投げ飛ばしてる!!? 情報過多すぎる絵面!!! 芦川「やっぱりリオ君だ!また岩久君と相撲取ってたんだね」 アキラ「また!? いつもやってんのかこんな事」 更にも…

井上まい『大丈夫倶楽部』その8(4巻感想3)

62話では「芦川さん」が人間じゃないことを知る少女、翠(みどり)ちゃんが再登場。 二年ぶりに再会しても「芦川さん」がありのままの姿で見える(=精神が安定してない)ことを心配して 大丈夫倶楽部のことや、もねと会ってほしいと話すとノってきます。 …

平野耕太『ドリフターズ』その6(7巻感想4)

殺る気満々の義経の前に進み出た与一は 「見逃してほしい」と伏して願いますが容赦なくボコられます。 与一の賭けを無にするかも……と心配しつつも口を挟む信長。 信長「だから兄貴に負けたんじゃないのか」 要約すると 戦いが強いだけの奴に人はついて来ない…

平野耕太『ドリフターズ』その5(7巻感想3)

75幕「独走歌」では竜に乗ったお豊が大地に倒れた兵たちを眺めて お豊「すまん すまんの 兵子ら」 「また死に損のうてしもうち」 お豊ぉぉぉぉぉ……!!!! 2巻で島津流の刀法をエルフに教えた際に (渾身の一撃が外れたら) お豊「さぱっと死せい黄泉地の先…

丹波庭『生きてるうちに推してくれ』その6(3巻感想2)

おじさんの霊の言動を評して 坊さん「なんとなーく“いる”のが“目的”ってことだろ」 ムカつきながらも、自分のアイドル活動も同じでは……と考えるミサキ。 監督「要求がない故交渉も出来ない。」 「特に理由もないのに断固居座り、自分の場所と主張する」 監督…

丹波庭『生きてるうちに推してくれ』その5(3巻感想1)

第3巻、発売中です!! 記念に語ります。 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 大雑把なあらすじ: 霊が見えることがマイナスにしかなってない、売れない地下アイドル・吉良ミサキは 霊は見えないが吹っ飛ばせる能力を持つお坊さんと出会い、コン…

榛野なな恵『Papa told me』その19(11巻感想4)

有名人との出会いを利用する気満々の母親には 辛辣な物言いだった常盤木先生も 母親から離れて謝りに来た女の子・香奈ちゃんには、優しく対応します。 (香奈ちゃんが外に出るのを見て、知世ちゃんも2人分の飲み物を運んでくる) 加奈ちゃんに自分の子供の…

榛野なな恵『Papa told me』その18(11巻感想3)

第6話「マーメイドプリンセス」は知世ちゃんのお友達、内藤さんのお姉さんの話。 劇団に入っているお姉さんが区民ホールで夏休みに上演する、子供向け『人魚姫』のミュージカルに出ると聞いて 妹の香ちゃんは知世ちゃんを誘います。 知世ちゃんは新聞部でお…

椿いづみ『月刊少女野崎くん』その12(15巻感想2)

142号(=話)は千代ちゃんが野崎くんに似た人形を買う話。 みこりんに頼んでフィギュアを扱うお店に案内してもらう際に どれが欲しいのかを訊かずに当てようとしたり、 千代ちゃんの拘りっぷりにはしゃぐみこりんが可愛い。 お仲間ならではの言動を前に…

椿いづみ『月刊少女野崎くん』その11(15巻感想1)

第15巻、発売中です!! 記念に語ります。 特装版15・5巻には千代ちゃんのクラスの男子が主役の描き下しがありますよ♪ 大雑把なあらすじ: 好きな男の子に告白したらファンと勘違いされて 漫画製作のアシスタントをすることになった主人公・佐倉千代ちゃ…

平野耕太『ドリフターズ』その4(7巻感想2)

菅野さんは一人ではなく、「のらくろ兵団」と呼んでる獣人部隊を連れてきていました。 猫と犬の獣人なのですが国王軍の兵との戦いの最中、黒猫獣人に沖田総司の霊が反応。 菅野「おまえのおばけーッウチの猫に何してくれてんだーッ」 土方「知らん!!」 総司…

平野耕太『ドリフターズ』その3(7巻感想1)

第7巻、発売中です!! 記念に語ります。 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 待ってた!!ずっと待ってた!!!そして待った甲斐があった!!!(大歓喜) 念のためあらすじ: 主人公・島津豊久は関ヶ原で島津軍本体を逃すため、小部隊で敵を抑える「捨て…

山口つばさ『ブルーピリオド』その13(14巻感想2)

今回、亡くなった「真田さん」も交えて、八雲、鉢呂くん、モモちゃんの過去が描かれます。 (自分で「貧乏人」って言ってたとはいえ) 8巻で釣りしながら八雲が 八雲「渋谷でアートっつったらセゾン文化だろ 西武の」 八雲を敬遠ぎみだった八虎が意外な知識…

山口つばさ『ブルーピリオド』その12(14巻感想1)

第14巻、発売中です!! 記念に語ります。 前巻のお話: 八虎&世田介くんは夏休みに八雲、鉢呂くんと共に桃ちゃんの実家の広島へ。 実家はお寺なので広くて空き部屋が沢山。 アトリエ兼保管庫として使ってる倉庫には「真田」と書かれたキャンバスがありまし…

榛野なな恵『Papa told me』その17(11巻感想2)

この回での知世ちゃんとはかせちゃんとお父さんの会話 (博物館のお姉さんの言葉を引用して) 知世「一つの不思議に気がつくと壁だけの部屋に 実はドアがたくさんあるってわかって 開けると知らない宇宙が広がってるって」 はかせ「それ わかりますしかもド…

榛野なな恵『Papa told me』その16(11巻感想1)

第11巻、発売中です! 記念に語ります。 サブタイトルは「~ビスケット時間~」 (ココハナ版は巻数+サブタイトル) 念のためあらすじ: 感受性豊かな10才の少女・的場知世ちゃんと、イケメンやもめ作家のお父さんのほのぼの日常モノ。 第一話目の「シ…

佐藤二葉『アンナ・コムネナ』その6(4巻感想2)

見張りをつけられたくらいで諦めるアンナではなく、 自分が身重だから代わりにやってほしいことがあるとソフィアに依頼、まんまと懐柔に成功します。 やってほしいこととは医学を学ぶ女子の教育支援。 ソフィア「私自身は文字もよく書けません でも才能ある…

佐藤二葉『アンナ・コムネナ』その5(4巻感想1)

第4巻、発売中です!! 記念に語ります。 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 大雑把なあらすじ: 中世のビザンツ帝国を舞台に、第一皇女にして後に歴史学者となるアンナと 優しい夫ニケフォロスのほんわかラブコメがベースの歴史モノ。 冒頭は待…

D.キッサン『神作家・紫式部のありえない日々』その6(3巻感想2)

藤式部でなくても作家が「自分が書いた主人公のマネして少女を誘拐」 「しかも誘拐されたのは自分の娘」と知って凹まないわけはありませんが 藤式部「人に悪い影響を与えてしまうなら物語なんか書かない方が……」 賢子「ム リ だ ね」 「あたし見ちゃったママ…

D.キッサン『神作家・紫式部のありえない日々』その5(3巻感想1)

第三巻、発売中です!! 記念に語ります。 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 前巻のお話: 中宮彰子に仕えながら『源氏物語』を書く藤式部。 ある日、弟から彼女の娘の賢子(けんし)が誘拐されたと告げられる……。 というわけで三巻冒頭は娘を取…

『ゴールデンカムイ』谷垣源次郎その2

本日6月28日は谷垣源次郎の誕生日です。めでたい!! というわけで谷垣の話を。 ちょっと前に谷垣がインカラマッを救出する回が放送されていました。(4期10話) 原作だと23巻229話です。 鶴見陣営からの離脱を宣言した谷垣は一人、インカラマッが…

日丸屋秀和『ヘタリア World Stars』その10(7巻感想3)

第211話は東南アジアの皆さんとアイスランドくん。 マレーシア、フィリピン、インドネシアさんが歓迎します。 無口クールと思われてたら、想像以上に暑くて戸惑っていた……! それぞれ自慢の食べ物飲み物を振る舞いますが今一つ盛り上がりません。 しかし…

日丸屋秀和『ヘタリア World Stars』その9(7巻感想2)

第200話は小ネタ。 歴代アメリカ大統領のペットたちは……という話。 ワニとか熊とか、世話する人たちも大変だったろうな……。 第201話はスペインがポルトガルに拘束監禁されて、油かけられる話。(本当) クイズに不正解したら罰ゲームでオリーブオイル…

日丸屋秀和『ヘタリア World Stars』その8(7巻感想1)

第7巻、本日発売です!! 記念に語ります。 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 ネタバレ:今回もほっこりほのぼの。 196話ではフランス兄さんがEU離脱後のイギリスの混乱でメシが美味い!状態。 フランス(昼下がり……窓辺で一息…… イギリスの…

倉尾宏『北斗の拳 世紀末ドラマ撮影伝』その7(4巻感想4)

今回は衝撃のシェルター回。 知らない方のために説明しますと『北斗』では未だネタにされる有名エピソードの一つ。 核戦争が勃発直後、ケンシロウ、ユリア、トキがシェルターに避難しようとすると そのシェルターは子供でいっぱいでした。 「どう詰めても二…

一二三『四十七大戦』その16(広島さんの話)

広島サミットでお好み焼きが話題になったり、 英国首相がカープ靴下を履いてたというニュースに (広島さんのドヤ顔が目に浮かぶようだ……) と思ったので語ります。 ※政治的な話ではありません。 念のため説明すると 本作は都道府県を擬人化したキャラたちが…

『北斗の拳 世紀末ドラマ撮影伝』その6(4巻感想2)

「善人時代なのにそう見えない」対策として 折角作った悪役メイクを全部落とすことに。 (大石さんの素の顔のままなら) 監督「これならケンシロウも慕うだろうし 人を変えてしまう世紀末の過酷さが表現できそうだ!」 ではトキの身に何が起きたのか?という…

『北斗の拳 世紀末ドラマ撮影伝』その5(4巻感想1)

※原案:武論尊・原哲夫 第4巻、本日発売です!! 記念に語ります。 詳細はボカしますがネタバレにご注意ください。 ネタバレ:ローディストのアイドル、アミバキターーーーー!!!! 今日はあちこちのSNSでかつてのローディストたちが荒ぶっていることでしょう。…

井上まい『大丈夫倶楽部』その8(4巻感想3)

第60話はもねのへそくりの40万円の話。 あんな性格でよく貯められたと思ったら……。 過去回想で弟の九くんがもねがナマケモノの顔のキーホルダーを長年愛用してるので好きなのかと (移動動物園が近くに来てるから)ナマケモノ見れるよと教えてくれたとこ…

一二三『四十七大戦』その15(14巻感想2)

同じ頃、京都さんは奈良さん&滋賀さんを伴って バトルが行われる仮想空間のシステムの基幹部分に到達しようとしていました。 (皆の注意を引きつけるために誰かに戦ってもらう必要があった) 茨城VS大阪(&兵庫) 大阪「行くで!イバラギ!」 茨城「だから…